ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年4月16日 広島・鈴木誠也選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  広島 7-3 中日】 

鈴木「ナゴヤドームなんで入るか分かんなかったんですけど、入って良かったです」

 

放送席、放送席、見事に連敗を止めましたカープ4番、鈴木誠也選手です。ナイスバッティングでした。

 

(鈴木)ありがとうございます。

 

同点に追いつかれた後のあのバッティングなんですけど、振り返っていただけますか?

 

(鈴木)あんまり覚えてないんですけど、得点圏だったので積極的に行こうかなっていう風に思ってたので、ナゴヤドームなんで入るか分かんなかったんですけど、入って良かったです。

 

非常に連敗中、点が入らなくてという状況続きましたけれども、主軸の打者としてどういう風にこの連敗中思っていたんでしょうか?

 

(鈴木)なかなか点が入らずに連敗が続いたので、なんとか4番の仕事をしたいなっていうふうに毎日思いながらやってたんですけど、なかなか良い結果が生まれてなかったので、今日こそはという思いでやっていたので、今日たまたまですけどホームラン打ててよかったです。

 

ただしかし、あのホームラン以降、打もそれからピッチャーの方も非常に良く繋いで全体で打線の方は先制、中押し、ダメ押し、そしてピッチャーの方も繋ぎました。今日の勝利というのは結構次に繋がる勝利じゃないかと思うんですが、いかがでしょう?

 

(鈴木)長いシーズン、色んな試合あると思いますけど、こういう試合が数多くできるように僕達もしっかり頑張っていきたいなと思います。

 

鈴木さんご自身も区切りの150ホームランへあと2ということになりました。その辺りの意識はいかがですか?

 

(鈴木)特にあんまり意識してなくて、はい。今聞いて、あっそうなんだっていう感じなんで、はい。頑張ってチームのために打ってその記録が150号だと嬉しいなと思います、はい。

 

今日の勝利でまた再び勝ち越し、貯金の街道に入ってきます。明日以降の抱負をお願いします。

 

(鈴木)今日いい試合ができたので、これからもこういう試合がたくさんできるように、ファンの皆さんが喜んでもらえるような試合をたくさんしたいなと思います。ありがとうございました。

 

おめでとうございました。鈴木誠也選手でした。