ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年4月16日 阪神・藤浪投手 小林投手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  阪神 2-0 ヤクルト】 

藤浪「大阪のおばちゃんみたいなユニフォーム着てるんで、ちょっとしぶとく行ってやろうと、なんとかしぶといバッティングしてやろうと思って、それが良い結果に繋がりました」

小林「僕が地味なのでユニフォームが派手でちょうどいいと思います」

 

お待たせしました。放送席、放送席、今日は投打のヒーローにお越し頂きました。投のヒーロー、藤浪投手、小林投手、そして打のヒーロー、藤浪選手です。

さて、まずは藤浪投手からお話を聞いていこうと思います。藤浪さん、ファンはずっとこの瞬間を待ってました。

 

(藤浪)はい、ありがとうございます。勝ち星なんとかリリーフの方に繋いでもらって、つけてもらって本当に良かったです。内容良くなかったんですけど、本当に勝ちつけてもらったことに感謝したいと思います。

 

とはいえ、打たれたヒットはわずかに3本。そして主砲の村上選手からも2つの三振を奪いました。改めて良かったところ、どの辺りですか?

 

(藤浪)何とか粘ったというか、全然よくなかったんですけど、その中で粘ってゲーム作れたこと、しぶとく投げれたことが良かったかなと思います。

 

そして後を受けた小林投手のナイスリリーフもありましたね。あの辺りいかがでした?

 

(藤浪)自分がちょっと不甲斐ないところで、あの回どうしても投げ切らないといけないところなんですけど、小林さんがカバーしてくれて感謝しきりです。

 

そして小林投手、2アウト1塁2塁、バッターボックスには内川選手という場面での登板でした。どんな思いでマウンド上がったですか?

 

(小林)そうですね、絶対ゼロに抑えてやろうという気持ちでマウンド上がりました。

 

外のまっすぐで見逃し三振でした。あの瞬間の気持ち教えてください。

 

(小林)ゼロに抑えられて良かったです。

 

そして小林さん、これで6試合連続無失点です。いかがですか?

 

(小林)やることは変わらないと思うので、これを継続して行きたいと思います。

 

そして小林投手、少し表情が硬いようにも見えるんですけども、実はタイガースでのお立ち台は今日が初めてなんですよね?

 

(小林)ありがとうございます。

 

どうですか?甲子園のお立ち台は?

 

(小林)試合より緊張します。

 

改めまして本拠地のファンの皆様にご挨拶お願いしてもいいですか?

 

(小林)まだ顔と名前を覚えられてない方がたくさんいると思うので、覚えてもらえるように頑張っていきます。よろしくお願いします。

 

そして小林投手、ブルペンから藤浪投手のホームランというのはご覧になりましたか?

 

(小林)打つと思ってました。

 

さぁ藤浪投手、あのホームラン、打球速度161km、飛距離131mでした。

 

(藤浪)めちゃくちゃ飛びましたね。もちろんホームラン狙ってたわけじゃないんで、ランナー2塁でしたし、何とか繋ごうと思って振ったのがたまたま本当に入ったって感じです。

 

ただ低めの変化球を2つ見逃した後のストレートを振り抜いたように見えました。その辺りの駆け引き、どうでしたか?

 

(藤浪)そうですね、ピッチャーなんで大したこと言えないんですけど、今日ね、ちょっと大阪のおばちゃんみたいなユニフォーム着てるんで、ちょっとしぶとく行ってやろうと、なんとかしぶといバッティングしてやろうと思って、それが良い結果に繋がりました。

 

前回の横浜では佐藤選手のホームランを見てドン引きとおっしゃってましたけども、ご自身のホームランはいかがでしたか?

 

(藤浪)自分でも引きました。入ると思わなかったんで。

 

そして実はあのホームラン、甲子園ではプロ初ホームラン。大阪桐蔭以来のホームランでした。

 

(藤浪)ありがとうございます。ビジターではホームラン2本打ってたんですけど、甲子園でずっと打ちたいなと思ってて、やっと打てましたし良い場面ラッキーな場面で打てて良かったと思います。

 

先ほどお話もありましたけれども、今日はウルトラサードユニフォームを着用しての試合でした。藤浪投手改めてどうですか、そのユニフォームの着心地は?

 

(藤浪)着心地自体は良いです、はい。ちょっと奇抜なデザインですけども。今日初戦で勝てたので、このままウルトラの日は絶対勝つという流れになればいいかなと思います。

 

お隣の小林投手は千葉出身ですけども、このユニフォームいかがですか?

 

(小林)僕が地味なのでユニフォームが派手でちょうどいいと思います。

 

さぁ藤浪さん、甲子園での白星、17年4月27日の DeNA 戦以来1450日ぶりです。

 

(藤浪)そうですね、ここ数年ずっと成績もよくなくて甲子園で全然勝ててなかったので、本当に甲子園でタイガースファンの前で勝てて本当に良かったと思います。

 

今の藤浪投手にとって甲子園ってどんな存在になりましたか?

 

(藤浪)今まで甲子園ってヤジも多くて投げにくいなって、甲子園で投げるの嫌だなって、すごいあったんですけど、2019年ですかね、1登板しかしてないんですけど、ものすごい歓声いただいて、その時から甲子園すごい投げやすいと思ってます。甲子園大好きなのでこれからも頑張ります。

 

ここからのタイガースの躍進にはお二人の力がますます欠かせなくなってくると思います。小林投手からファンの皆様に今後の決意聞かせてください。

 

(小林)これからまだまだ試合は続きますが、皆様の応援が力になると思います。応援の方よろしくお願いします。

 

それでは藤浪投手、久々の甲子園でのお立ち台の思いもこめて、決意を教えてください。

 

(藤浪)今日ちょっと不甲斐ないピッチングでしたけども、次回以降ピシャッとタイガースファンの皆さんの前で抑えれるように頑張ります。本当に応援ありがとうございます。

 

ありがとうございました。今日のヒーローは藤浪投手そして小林投手でした。放送席、どうぞ。