ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年3月27日 広島・九里投手 栗林投手 ヒーローインタビュー

【試合結果:  広島 4-1 中日】 

九里「チームを勝ちに導けるピッチングをできるように、それだけ強い気持ちを持ってマウンドに上がりました」

栗林「亜蓮さん初め、同期の森浦、同級生の塹江がいい形で繋いでくれたので必ず0で抑えて勝って帰ってくるぞって気持ちで上がりました」

 

今日のヒーローはお二人です。見事なピッチングでチームを今シーズン初白星に導きました。九里投手そしてルーキーの栗林投手です。

まずは九里投手からお話伺いましょう。九里さん、公式戦今日が今シーズン初登板でしたけれども、どういった思いでマウンドに上がりました?

 

(九里)そうですね、チームを勝ちに導けるピッチングをできるように、それだけ強い気持ちを持ってマウンドに上がりました。

 

九里さんもこれまでかなり経験を積まれてきてますけども、やはり公式戦の初登板というのはちょっと違った所はありましたか?

 

(九里)そうですね、やっぱり初回はちょっと力が入ってしまって、自分の思ってるようなボールが投げれなかったんですけど、2回以降は落ち着いて投げれたんじゃないかなと思います。

 

落ち着いて投げられたという言葉もありましたけれども、どの点をうまく修正できたと思ってらっしゃいますか?

 

(九里)やっぱりボール先行でバッターの有利なカウントにするのではなく、ストライク先行で自分の有利なカウントで進めていくことがベストだと思ったので、2回以降はそれが出来たんじゃないかなと思います。

 

立ち上がりから九里さんからご覧になって、ホームプレートの左サイドを結構積極的に使っていたかなっていう風に見えましたけれども、その辺はどうだったでしょうか?

 

(九里)今シーズン初めての登板だったので、まずはしっかりと自分のボールを投げ込んでいく、それだけでした、はい。

 

そして5回にピンチがありました。福留さんがバッターボックスでした。あの時は気迫十分だったですね。

 

(九里)そうですね、やっぱり0点でベンチに戻りたいっていう気持ちがあったので、強い気持ちを持って投げました、はい。

 

これで九里さんにも白星がつきました。そしてチームにも今シーズン初白星がつきました。いかがでしょうか?

 

(九里)やっぱりどんどん勝っていきたいので、明日以降もしっかりと勝てるように頑張りたいと思います。

 

九里さんにはまた後ほど再度伺いますけれども、続きまして見事プロ初登板でそして初セーブをマークいたしました、栗林投手です。

ナイスピッチングでした。

 

(栗林)ありがとうございます。

 

今このお立ち台から見る球場、お客さんの姿どう映りますか?

 

(栗林)オープン戦の時からたくさんの方達に足を運んで頂いて、今日も赤一色に染めてもらって、すごく投げやすかったです。

 

オープン戦の最終戦でも登板されましたけれども、その時とは感覚的なこと、思うこと何か違いはありましたか?

 

(栗林)そうですね、自分が抑えることには変わりはないんですけど、やっぱりシーズンが始まって、チームの初勝利ってことでたくさんの緊張ありましたけど、本当に良い結果出て良かったです。

 

ブルペンでも力のこもった投球を続けたと思うんですけど、マウンドに上がるまでどんな思いだったんでしょうか?

 

(栗林)やっぱり亜蓮さん初め、同期の森浦、同級生の塹江がいい形で繋いでくれたので必ず0で抑えて勝って帰ってくるぞって気持ちで上がりました。

 

今日のピッチングは実際いかがだったですか?

 

(栗林)先頭バッター取ることができたので、結果的に落ち着いたピッチングができたんですけど、これから厳しい戦いが続くと思うので、常にこの結果が出せるように頑張っていきたいなと思います。

 

そしてプロ公式戦初登板でセーブをマークしました。どうでしょうか?

 

(栗林)これは自分じゃなくてチームのみなさんのおかげで取れたセーブなので、これからセーブを失敗しないようにやっていきたいなと思います。

 

今年の公式戦は始まったばかりです。お二方から最後にファンの皆様へ一言ずついただきたいと思います。九里さんお願いします。

 

(九里)そうですね、始まったばかりですけど、これからどんどん勝っていきたいと思いますので変わらず熱い声援よろしくお願いします。ありがとうございました。

 

そして栗林さんお願いします。

 

(栗林)これからもたくさんチームが勝ってるよう、自分も頑張っていきたいと思います。ファンの方々の応援が僕たちの力になるので、これからもっと大きな応援よろしくお願いします。ありがとうございました。

 

どうもありがとうございました。今日のヒーローの二人にお話を伺いました。放送席どうぞ。