ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2020年11月10日(火)のヒーローインタビュー【藤川球児 引退スピーチ全文】

【今日のヒーロー】

藤川投手引退セレモニー、ヤクルト最終戦セレモニーのため、勝利チーム(巨人、広島)のヒーローインタビューなし

【試合結果:  巨人 4-0 阪神

藤川投手 引退スピーチ全文

ではスピーチを始めたいと思います。まずはじめにこの度、野球選手藤川球児のために、こんな素晴らしい舞台を用意していただいた阪神タイガース球団、そして矢野監督を始めとするコーチ、選手、スタッフの方々にお礼を申し上げたいと思います。

本日は阪神タイガースファン、そして全国の野球ファン、そしてプロ野球界の先輩方皆様に、今日この日を迎えるまでに皆様から頂いた夢や希望を持ち、人生を前向きに生きることがことができたお礼を伝えたいと思います。

1999年に阪神タイガースに入団して、同じドラフト1位には同級生西武ライオンズ松坂大輔、そして巨人軍の上原浩治さんがいました。二人は1年目から素晴らしい活躍をしていました。二人を見て失敗と故障を繰り返す自分と比べると、自分には無理だと普通なら諦めてしまうでしょう。でも僕は今は勝ち負けがついていない、と認めることだけは絶対にしませんでした。当時周りから厳しい視線を感じたり、厳しい言葉を投げかけられることもたくさんありました。しかし、どんな時もいつも必ず見返してやる、そう思いやってきました。

そして2005年タイガースで優勝することができました。最高の思い出です。その後、松坂と上原さんがメジャーリーグに行って、追いかけるように自分もメジャーリーグにチャレンジしました。しかし、本当に苦しいことばかりで、孤独でまた新人の頃のようにうまくいかない日々が訪れ、明日すら見失いそうになっていました。そんな時、阪神タイガースに入団してからの苦労した経験が僕を救ってくれました。俺は負けていない、見返してやる、独立リーグからもう一度リスタートして、自分の力を見せて、地元高知の子供達、そして日本のプロ野球ファンをびっくりさせたいと思いました。そこからタイガースに戻り、3年間かけてやっとクローザーのポジションに戻ることができました。見返してやる、その時にはもうそんな気持ちが全くなく、これが皆様からの叱咤激励というものなんだと知り、心の底からありがとう、という感謝の気持ちでいっぱいでした。僕は自分自身に度々襲いかかる苦難に打ち勝つことができました。

清原和博さんへ、あなたがいなければ今の僕は存在しません。僕をここまで成長させてくれたのは清原さんとの対戦、そして存在です。何年か前になりますが、僕も清原さん自身も苦しい時にお守りを届けていただきました。体を大事にしろよ、すごく力になりました。キヨさんはとても優しい方です。必ずお礼を伝えに行きますので今後ともよろしくお願いします。

ライバル松坂大輔へ、必ず投げる姿を見せて、世の中の人を元気にしてください。あなたのそういう姿が今の日本には必要です。僕があなたの一番の応援団になります。目標でいてくれてありがとう。

それでは阪神タイガースファンの皆様へのお礼を言わせてください。僕の投げる火の玉ストレートには甲子園球場のライトスタンドの大応援団の皆様、チームの思い、そして全国のタイガースファンの熱い思いが全て詰まってます。それが皆さんの知る火の玉ストレートの投げ方です。それは打たれるはずがありません。打者のバットに当たるはずがありません。僕が言うのも変ですが、不思議な力が湧いてきて普段の自分ではなくなるのです。野球選手藤川球児というのは、皆様の気持ちの塊だったんだと思います。ファンの皆様にとって僕の存在が誇りというのならば、僕にとってもファンの皆様が誇りです。その気持ちをこれからは後輩達に一緒に送り続けましょう。そしてタイガース史上最高のキャッチャーで、僕が世界で一番尊敬している矢野監督を日本一の監督させてあげましょう。

選手やコーチの皆さん、あとはよろしくお願いします。もし困った時はいつでも呼んでください。すぐに駆けつけます。そして僕自身よりも本当に一度も世間の皆様に顔も見せず頑張ってきてくれた家族へ、この場を借りてメッセージを送らせてください。

今までたくさん野球のために我慢させてきたけど、やっと明日から夫として、普通のお父さんとして、家族のために何でもしてあげられるようになります。長い間お待たせしました。これからは何をするときも一番にみんなを優先します。今までよりさらに笑顔の絶えない家族になりましょう。

そして、おやじ、お母さん、名前を球児にしてくれてありがとう。野球をやらせてくれてありがとう。辞めようとしてる時、何回も引き止めてくれてありがとう。二人が元気な間に恩返しする時間が出来ました。これから少しずつ恩返しさせてください。

そしてこの一か月、セリーグの各チームの方々、球場関係者の皆様、こんな一人の選手のためにセレモニーを用意して頂きまして、本当にありがとうございました。きっとたくさんの子供たちの夢や希望につながったと思います。夢をつなぐ、これが僕の現役生活最後の一か月でやりたかったことです。それではみなさん、野球選手藤川球児とサヨナラをする時が来ました。子供の頃からの先生方、今までの全ての友人、そして 世界中の野球ファンの皆様、皆様のおかげで最高に素晴らしい野球人生を送ることができました。長い間のご声援、本当に本当にありがとうございました。

【試合結果:  広島 7-3 ヤクルト】

ヤクルト最終戦セレモニーのため、ヒーローインタビューなし