ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2020年11月1日(日)のヒーローインタビュー【森下(広)畠・岸田(巨)梶谷・石田(De)】

【今日のヒーロー】

【広島】森下 【巨人】畠・岸田 【DeNA】梶谷・石田

【試合結果:  広島 3-0 中日】

森下「もうここまで来たら取りたいなっていう気持ちもあるんですけど、自分が任されたところでしっかりと投げたいと思います」

放送席、放送席、今日のヒーローは8回無失点の好投、ルーキーイヤー2桁勝利を挙げました森下投手です。

(森下)ありがとうございます。

今のお気持ち率直に教えてください。

(森下)勝てて良かったです。

まずは今日の投球振り返って頂きたいんですが、初回は連打、長打を浴びるピンチを迎えました。立ち上がりはどのように振り返りますか?

(森下)そこで相手がミスしてくれたので、最後の一人をしっかり抑えるという意識を持って投げました。

2回以降1点差の攻防、0を刻んで迎えた6回2アウト一二塁のピンチを迎えました。1点も与えられない場面で相手バッター見事に抑えました。あの場面どのような思いで投げ込んでいましたか?

(森下)もう本当一点差だったので勝ちたいという気持ちでしっかり投げました。

そのピンチをしのいだ直後の7回、次の1点がどちらに入るかというところで味方が2点取ってくれました。あの時はベンチからどのようにご覧になっていましたか?

(森下)点取ってくれたので、自分もしっかりゼロで抑えるって言う気持ちとありがとうございますっていう気持ちで、マウンドに上がりました。

そして今日の勝利で二桁に乗せました。タイトル、新人王もぐっと近づいたんではないでしょうか?

(森下)二桁勝てて嬉しいです。

そして今日は8回無失点という好投でした。最新防御率も1点台となり、他の投手の兼ね合いもありますが、最優秀防御率のタイトルも見えてきました。それについてはいかがでしょうか?

(森下)もうここまで来たら取りたいなっていう気持ちもあるんですけど、自分が任されたところでしっかりと投げたいと思います。

さぁこれでチームは引き分けを挟んで5連勝ということになりました。試合も残りわずかです。背中を押してくれるファンにメッセージをお願いします。

(森下)試合数も残り少なくなってきましたが、皆さんの応援が力になるので、今後も応援よろしくお願いします。

今日のヒーローは森下投手でした。放送席、どうぞ。

【試合結果:  巨人 2-0 ヤクルト】

畠「宮本さんから狙って行けと言われてたんで、言葉通り0点を目指して狙っていきました」

岸田「「おい、何してんねん畠さん」と思ってたんですけど、結果的に丸さんが好プレーしてくれてよかったです」

放送席、放送席、今日のヒーローはもちろんこの人、プロ入り初完封勝利を飾りました畠投手です。ナイスピッチングでした。

(畠)ありがとうございます。

畠さん、プロ入り初完封です。今どんな気持ちがこみ上げてますか?

(畠)嬉しいでーす。最高でーす。

プロに入って初めて9回を投げきりました。9回のマウンドはどんな気持ちで最後あがりましたか?

(畠)宮本さんから狙って行けと言われてたんで、言葉通り0点を目指して狙っていきました。

畠投手自身は初めての完封、どれだけ意識をされてたんですか?

(畠)初めは全然意識はしてませんでした。しかし長いイニングを投げさせていただく中で、0が重なってたんで、なんとかゼロに抑えて行こうという気持ちがどんどん上がってきました。

今日は終盤まで、1対0という形で進んできました。緊張感もあったと思いますが、ご自身のピッチング振り返っていかがですか?

(畠)何度野手の方に助けられた勝利が多かったので、こうやって点差の低い状態で投げれたことがすごい嬉しく思います。

これまで怪我もありました。苦しい時期もあったと思いますが、それを乗り越えての初めての完封です。改めていかがでしょうか?

(畠)怪我をしたら、投げれず悔しい思いもしましたし、その中でたくさんの方に支えられたので、その人も自分自身と思って喜んでくれると思います。

そして畠投手にとっては今シーズン初めて東京ドームでの勝利ということになりました。このお立ち台からの景色というのはいかがでしょう?

(畠)やっぱりホームでこうやって喋りたいと思ってたんで、すごい嬉しいです。

チームはこれから日本シリーズに向けてというところ、畠投手にも期待がかかると思いますが、今後に向けて一言お願いします。

(畠)これからの試合をしっかりアピールして投げれるように頑張っていきます。応援よろしくお願いします。

まずは畠投手にお話を伺いました。そして見事な完封勝利でしたが、そのボールを受けました岸田捕手にもお話を伺いたいと思います。よろしくお願いいたします。

(外野から岸田選手走って登場)

それでは改めてキャッチャーの岸田選手にもお話を伺います。まずはこんな形でヒーローインタビューに登場する選手は見たことないんですが、いかがでしょう?

(岸田)二日連続来ちゃいましたー。

昨日はホームランを打ってのお立ち台。今日はまた違う意味でのお立ち台だと思います。完封をリードした今の気持ちというのはいかがですか?

(岸田)正直1球1球受けるのに必死だったんで、その積み重ねがこういった結果につながって良かったと思います。

受けていて畠投手のボールというのは、どういう風に感じていらっしゃいましたか?

(岸田)畠さんの持ち味である強いまっすぐが今日もよかったんで、それを生かしてやっていきたいなと思いました。

そして今日は終盤まで1対0。最終的には2対0になりましたが、その緊迫したゲームをリードしたというのは改めてどうでしょうか?

(岸田)正直、終わるまでヒヤヒヤでした。

9回もランナーを出してどうなるかという場面でしたが、マウンドに行った場面もありましたね。

(岸田)そうですね、ノーアウトからフォアボールで出たランナーで、次のバッター2ストライク追い込んで、低めのボール球投げて欲しかったんですけど、高めに浮いてきて、「おい、何してんねん畠さん」と思ってたんですけど、結果的に丸さんが好プレーしてくれてよかったです。

岸田選手ご自身にとっても、リードという部分で非常に大きなアピールになったと思いますが、いかがでしょう?

(岸田)まだまだ出始めなんで、もっともっと試合に出て色々経験して、チームの勝利に貢献できるようにやっていきたいです。

昨日はホームラン、そして今日はリードで貢献をしました。日本シリーズも待っていますが、今後に向けてファンに一言お願いします。

(岸田)日本一なるぞー!

ありがとうございました。今日のヒーロー畠投手そして岸田捕手にお話伺いました。放送席、どうぞ。

【試合結果:  DeNA 6-5 阪神

梶谷「今日奥さんが来てたんで、かっこいいところを見せたいなと思ったので最高です」

石田「奥さんは来てないですけど、テレビで見てくれたと思います」

横浜スタジアムにお越しの皆さん、ヒーローインタビューです。本日のヒーローはお二人、梶谷選手、石田選手です。まずはサヨナラヒット梶谷選手です。ナイスバッティングでした。

(梶谷)ありがとうございます。

サヨナラヒットまずは今のお気持ち、一言お願いします。

(梶谷)今日奥さんが来てたんで、かっこいいところを見せたいなと思ったので最高です。

9回2アウト3塁の場面、本当に打席に入る時、もう今日一番の拍手が沸き起こりましたけども、どんなことを意識して打席に向かったんでしょうか?

(梶谷)自分でやること決めて、ピッチャーのことだけ考えていきました。

そして5球目をレフトへ運びましたが、打った瞬間の手応えはいかがですか?

(梶谷)頼む、落ちてくれって感じでしたけど、僕らしいヒットかなと思います。

やはりここはもう自分で決めてやろうという思いはあったんじゃないでしょうか?

(梶谷)そのつもりでした、はい。

そして今もこのヒーローインタビューの前にもまだサヨナラの余韻があるんですけれど、冷たい水をかけられたあの時のお気持ちってのはいかがですか?

(梶谷)いいもんですよ、はい。

今シーズンは今日のサヨナラも含めまして本当に勝負強いバッティングが続いてますけども、ご自身ではその辺りどう思ってらっしゃいますか?

(梶谷)自分でこうやろうということを、打席で出すだけだと思ってるので、しっかりそれが実現できてるかなと思ってます。

それでは残り試合も少なくなっていますが、残り試合への意気込み聞かせていただけますか?

(梶谷)1試合1試合必死に頑張ります。

それでは続いてベイスターズに流れを引き寄せました、石田選手に伺います。ナイスピッチングでした。

(石田)ありがとうございます。

7回1アウト満塁の場面でマウンドに上がりました。どんなピッチングをイメージしてマウンドへ向かったんでしょうか?

(石田)本当にいろんな場面で投げさせていただいているので、いい経験を積ませてもらってるものを全部ボールにぶつけるだけだと思って、マウンドに上がってます。

まずはですね、糸井選手との対戦となりましたけども、フルカウントから最後は三振取りました。あの場面、振り返っていただけますか?

(石田)そうですね、あんまり覚えてないんで、とりあえずストライク投げれて良かったです。

そして続く近本選手との対戦、こちらはセカンドフライに抑えましたが、こちらはいかがですか?

(石田)相性あまり良くないバッターだったので、もう強気で攻めるしかないっていう気持ちを持って、とりあえず全力で投げました。

ピンチを凌いだ場面の心境というのはいかがでしょうか?

(石田)いや本当に気持ちいいですし、今日、僕、奥さんは来てないですけど、テレビで見てくれたと思います。

今日は本当に試合の流れが両チームに行ったり来たりする状況だったと思うんですけども、石田選手のピッチングがベイスターズに流れを引き寄せたと思うんですが、その辺りはいかがですか?

(石田)阪口が先発しましたけど、ものすごいいいピッチングしてくれましたし、なんとかね、僕らも初勝利を与えてあげたいという気持ちを持って準備してましたし、まだまだ先になってしまいましたけど、彼がしっかりとゲームを作ってくれたおかげかなと思います。

そして石田選手も今シーズン非常にしびれる場面での投球続いてますけども、ご自身のピッチングいかがですか?

(石田)本当に名前を呼んでいただけてることに感謝するだけなので、とりあえずマウンドに上がったら全力で投げ続けます。

次の登板も楽しみにしています。それでは最後まで勝利を信じて応援していただいたベイスターズファンにお二人からメッセージいただきたいと思います。まずは梶谷選手お願いします。

(梶谷)残り5試合ですけど、僕たちも必死に頑張りますんで、また引き続き熱い声援よろしくお願いします。

それでは石田選手お願いします。

(石田)そうですね、ファンの皆さんも声が出せない歯がゆいシーズンが続いてますけど、足を運んでいただきありがとうございます。残り少ないですけど変わらぬご声援よろしくお願いいたします。

本日のヒーローは梶谷隆幸選手、石田健大選手でした。