ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2020年10月29日(木)のヒーローインタビュー【西・梅野(神)戸柱・砂田・平田(De)】

【今日のヒーロー】

阪神】西・梅野 【DeNA】戸柱・砂田・平田

【試合結果:  阪神 3-1 中日】

西「女房なんで、打ってもらわな困りますけどね」

梅野「二人でお立ち台に立てて本当に嬉しく思ってます」

放送席、放送席、そしてファンの皆様、ヒーローインタビューです。今日はバッテリーのお二人にお越しいただきました。西勇輝投手そして梅野選手です。

まずは西さんにお話を伺います。完投勝利を挙げました今のお気持ちから教えてください。

(西昨日ブルペンデーでたくさんの中継ぎの方が投げてましたし、チームがいい連勝で来てましたので、なんとかこの流れを引き込んで、長いイニングを放ろうと思いましたし、相手が大野さんだったんで、本当先制点取られてしまったんですけど、3点チームが取ってくれたので、なんとか完投できてよかったです、はい。

今日のピッチング、ご自身の中でよかったところはどこでしょうか?

(西)コントロールが良かったですし、ランナー出ても守備のいいプレーが出ましたし、自分も3つうまくボールを取ることができました。

西さんからも話がありましたが、昨日はタイガース7人の投手リレーで勝利を掴みましたが、やはり長いイニングを投げたいと思い、相当強かったんじゃないですか?

(西)そうですね、本当にもう本当に終盤で、チームは苦しい状況なので、なんとかで一人でも多くと思いながらマウンド上がってますし、上がるからには最後まで投げたいって気持ちが強いです、はい。

そんな中で完投勝利で11勝目を挙げました。去年の移籍一年目は10勝でした。それを上回りました。この点はいかがでしょうか?

(西)横にいる梅野が本当にいいリードして、頼もしく投げることができてますんで、また来年もしっかりといいバッテリー組んで、日本一になりたいと思います、はい。

では続きまして梅野選手にお話を伺います。今日の西投手のピッチング、受けていてどうご覧になりましたか?

(梅野)そうですね、西さん言った通りコントロールよく両サイドにしっかり投げられてたので、それを生かそうと思って、中日打線配球して行きました。

最後9回ですが、2アウトからヒットを許した後、マウンドに駆け寄りましたが、どんな言葉をかけていたんでしょうか?

(梅野)そうですね、ランナー出るのもなかなかああいう場面で、慎重になるし、9回で完投っていう目の前にして、やっぱ間をしっかりとって、一旦落ち着かしてリラックスしてお互い意思を持って、入り球を決めながら、ちゃんと行くことをしてました。

そして梅野選手は今日、バッティングでは3打数3安打、今シーズン3度目の猛打賞でした。

(梅野)バッティングはね、なかなか状態が上がらない中、何とか1日1日練習を積み重ねて、なんとか状態が上がるように、なんとか自分を信じて、終盤ですけど1打席1打席、ピッチャーが頑張って投げてるんで、それに期待に応えられるように、なんとか打線として自分が結果を出していきたいなっていうその一心だったんで、今日の3本は本当に大きかったです。

前回西さんが、ここ甲子園で10勝目を挙げた時には梅野選手ホームランを放っていました。西さん、梅野選手のバッティングやはり心強いですよね?

(西)女房なんで、打ってもらわな困りますけどね、はい。本当に打ってくれて良かったです、はい。

さぁこれでチームは5連勝。2位浮上となりました。最後にお二人から残り試合も少なくなってきましたが、明日以降の戦いに向けてお願いします。

(梅野)そうですね、今日自分自身はね、大野さんというね、すごいいいピッチャーと西さん、エース対決で勝つことだけを昨日からすごい思ってやってきて今日この舞台に勝って、二人でお立ち台に立てて本当に嬉しく思ってます。そして残り少ないですけど、お客さんも中々入れない中で、終盤までこうやってたくさん集まって頂けてるので、残りシーズン目の前の1勝を手にできるようにチーム一丸となって頑張っていきたいと思います。

ありがとうございます。それでは最後に梅野選手に締めて頂きましょう。

(梅野)皆さん、明日も横浜で試合があるので、皆さんで一緒に明日も勝つばいで締めたいと思います。このご時世なので皆さん心の中でお願いします。それでは行きまーす。明日も勝つばーい!ありがとうございました。

今日のヒーロー、西投手そして梅野選手でした。放送席、どうぞ。

【試合結果:  DeNA 5-2 巨人】

戸柱「チャンスだったんで、振ったら当たりました」

砂田「一児の父としてしっかり頑張らなきゃいけないなと思ったので、頑張れてよかったです」

平田「凄く毎日が充実してて、野球が楽しいって思えるようになってきたんで、まだまだこれからも頑張りたいと思います」

横浜スタジアムにお越しのベイスターズファンの皆さん、お待たせしました、ヒーローインタビューです。今日は3選手、戸柱選手、砂田選手、平田選手です。まずは戸柱選手、ナイスバッティングでした。

(戸柱)ありがとうございます。

2回1アウト2塁、勝ち越し点が欲しい場面でした。どんなことをイメージして打席に向かったでしょうか?

(戸柱)チャンスだったんで、振ったら当たりました。

ライトへ抜けてタイムリーになった時の気持ちいかがでしょうか?

(戸柱)うれしかったです、はい。

追いつかれて嫌な流れを、もう一度ベイスターズに引き寄せるタイムリーになったんじゃないかと思いますがいかがですか?

(戸柱)同点でしたし、勝ち越しに繋がってよかったです、はい。

そしてキャッチャーとしても伺いたいんですけども、今日は本当に6回、痺れる場面がありました。お隣にいる砂田選手、平田選手のちょっとあの辺りを振り返って欲しいんですけども。

(戸柱)そこはゆっくりこれから毅樹と平田さんが長く話してくれると思うんで、皆さん期待して待っててください。

それではそのバトン受けて伺いたいと思います。まずは砂田選手、本当にナイスピッチングでした。

(砂田)ありがとうございます。

6回1アウト満塁の本当のピンチの場面での登板でした。どんなピッチングをイメージしてマウンドへ向かったんでしょうか?

(砂田)そうですね、とりあえず川村さんに丸ひとり抑えてこいっていうことだったので、全力で丸さんを抑えに行こうと思ってマウンドに上がりました。

その丸選手との対戦なんですけども、フルカウントまで行きました。あの辺りのお気持ち聞かせていただけますか?

(砂田)そうですね、今日は調子良かったんで、あんまり3ボールってのが気にならなくて、でもそれよりも前回ホームラン打たれてたんで、そっちの方かなり気にして投げてました。

最後ビシッと決まって三振を取った時のお気持ちはいかがですか?

(砂田)嬉しいというよりほっとしました。

そして昨日も三つの三振を奪いました。今日もいいとこで三振を奪ってくれたんですけども、話を聞くとお子さんが生まれたと聞いたんですけども、やはりその辺のモチベーションもあるんでしょうか?

(砂田)そうですね、今月生まれて一児の父としてしっかり頑張らなきゃいけないなと思ったので、頑張れてよかったです。

素晴らしいピッチングありがとうございました。

(砂田)ありがとうございます。

それでは平田選手に伺います。平田選手、ナイスピッチングでした。

(平田)ありがとうございます。

砂田選手が1アウト取りましたが、まだピンチが続いてました。平田選手はどんなことをイメージしてマウンドに向かったんでしょうか?

(平田)川村さんにとりあえず頭だけ突っ込むなってアドバイス頂いたんで、それだけ意識して投げました。

中島選手との対戦なんですけども、2ナッシング追い込んだ後にフルカウントまでこちらも行ったんですけども、その辺りの心境というのはいかがでしょうか?

(平田)フォアボールは出さないようにと思って、祈りながら投げました。

そして最後は見逃しの三振でしたけども、あのボール狙いだったんでしょうか?

(平田)そうですね、キャッチャーがいいリードしてくれたんで、良かったと思います。

ベンチに戻った後に、平良選手だったり、砂田選手だったりとは何か言葉を交わしたんでしょうか?

(平田)特に話してないです。

今シーズンは平田選手、プロ初勝利もありましたし、本当に痺れる場面でのピッチングもあります。充実したシーズンになってると思うんですが、いかがでしょうか?

(平田)凄く毎日が充実してて、野球が楽しいって思えるようになってきたんで、まだまだこれからも頑張りたいと思います。

そして今日の勝利でジャイアンツ3連勝です。そしてチームは4連勝。明日からからここ浜スタでタイガース3連戦もあります。最後にベイスターズファンの皆さんに3選手からメッセージお願いします。まずは戸柱選手、お願いいたします。

(戸柱)まだ試合残ってるんで、いい試合を見せられるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

それでは砂田選手お願いいたします。

(砂田)残り少ないですが、しっかり一人ひとり大事に投げて、いいピッチングができたらなと思います。

それでは最後に平田選手、力強いメッセージお願いします。

(平田)最後まで一生懸命、しっかり戦って良いシーズンだったなって思えるようにしたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします。

今日のヒーローは3選手、戸柱選手、砂田選手、平田選手でした。 

【試合結果:  広島 3-3 ヤクルト】

ヒーローインタビューなし