ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2020年10月23日(金)のヒーローインタビュー【木下(中)今村・田口(巨)京山・梶谷(De)】

【今日のヒーロー】

【中日】木下 【巨人】今村・田口 【DeNA】京山・梶谷

【試合結果:  中日 4-3 ヤクルト】

木下「前の打席でチャンスで凡退してたので、取り返すチャンスが来たと思って、気持ち入れて打席に入りました」

ドラゴンズファンの皆様お待たせしました。今日のヒーロー見事な逆転タイムリー、木下拓哉選手です。おめでとうございます。

(木下)ありがとうございます。

追いついて勝ち越されて迎えた6回表でした。どんな気持ちで打席に入りましたか?

(木下)前の打席でチャンスで凡退してたので、取り返すチャンスが来たと思って、気持ち入れて打席に入りました。

強い気持ち初球でした。スライダー狙っていたんでしょうか?

(木下)特に狙ってはないですけど、前の打席も初球やられてたので、そこで臆することなく、もう1回初球手が出たので良かったです。

そしてキャッチャーとして、今日リリーフ5人、ランナー出さずパーフェクトリリーフ。ご自身のリードも含めて、手応えいかがですか?

(木下)本当にピッチャーが、先発もそうですし、後ろの方々も頑張って良い試合が続いてるんで、今日は本当に後はたまたま僕が2点取ったんで、死ぬ気で守ろうと思ってやってました。

たまたまと謙遜されていますが、ドラゴンズ強い。7連勝ひとつ挟んで再び4連勝です。この強さどう分析されますか?

(木下)そうですね、本当に後ろのピッチャーも頑張ってますし、今日はヤリエルがああいう形で代わってしまったんですけど、ヤリエルも本当に攻めて攻めて、ああいう結果になったので、後ろのピッチャーに繋がっていったと思うんで、ピッチャーが全員よく頑張ったと思います。

そしてファンの皆様も雨の降る中、最後まで力をくれました。ぜひファンの皆さんに一言メッセージお願いします。

(木下)遅くまで応援ありがとうございました。連勝続いてますし、明日も勝てるように精一杯頑張るので、また応援よろしくお願いします。

おめでとうございます。見事な逆転タイムリー、木下拓哉選手でした。

(木下)ありがとうございました。

【試合結果:  巨人 5-4 阪神

今村「中継ぎの方を信じて絶対勝ってくれると思って見守ってました」

田口「無限の体力なんで大丈夫です」

放送席、放送席、それではヒーローインタビューです。まずは勝利投手、今村投手です。最終回ちょっとヒヤヒヤしてベンチでご覧なったと思いますが、いかがでしたか?

(今村)中継ぎの方を信じて絶対勝ってくれると思って見守ってました。

その願いが通じましたね。

(今村)はい。

今日はご自身のピッチング、全般的に振り返ってどうでしたか?

(今村)そうですね、初回から全力で飛ばしていった中で、フォアボール出してしまいましたけど最後、まあ試合は作れたので最低限の仕事はできたかなと思います。

確かに序盤から飛ばしてるように見えました。でもスタミナその点では終盤まで持ちましたね。

(今村)途中で代わってしまったので、高梨さんに感謝します、はい。

今村さんは9月5日以来、久々の勝利投手ということになりました。その間何を考え、待ちわびたこの勝利、味はどうですか?

(今村)そうですね、嬉しいですけどまだ試合があるので、気を引き締めて今後も頑張りたいと思います。

そして今日の勝利で優勝へのマジックナンバーが5となりました。その点について感想を聞かせください。

(今村)本当にチームみんなで優勝を目指して頑張ってるので、その一員として僕も少しでも戦力になれるように頑張りたいと思います。

期待しています。

(今村)ありがとうございました。

ありがとうございました。まずは勝利投手、今村投手でした。さぁ続いては今シーズン初セーブ、プロ通算2つ目のセーブ、見事な火消し田口投手です。さぁ田口さん、改めてこちらも見ていて心拍数上がりました。どんな気持ちでマウンドに上がりましたか?

(田口)僕はいつでも投げれるように、中継ぎで上がってきてから全部投げるつもりで準備していたので、いい形で終われて良かったです。

一点差に詰め寄られました。その点での心境の点ではやっぱり強気で行きましたか?

(田口)それが持ち味だと思って、毎回マウンドに上がってるので、それもまた今回出せたのかなと思います。

いつでも投げるつもりでいると田口さんおっしゃいました。今日でこれで5連投ですよね。その点ではどうですか、疲れなどは。

(田口)無限の体力なんで大丈夫です。

じゃあ明日も行けと言われれば、明後日も行けと言われれば。

(田口)行けと言われたら行けるように、またチームの勝ちに貢献できるように準備したいなと思います。

そして最後に自分の力でこの試合終わらせました。あの瞬間はゲームセットの瞬間、どんな気持ちでした?

(田口)その前のバッターでワンバウンド2球も投げてしまって、めちゃくちゃ焦ったんですけど今村さんの顔もすごく浮かんできて、これはやらなきゃなと、またスイッチが入った上で投げれたので本当に最高の勝利だったなと思います。

これで優勝へのマジックナンバーが5となりました。チームを代表してお願いします。

(田口)明日また早いんで、早く帰ってまた明日来てください。

その瞬間が早く来ることを祈っています。歓喜の瞬間が。喜びの瞬間がね。

(田口)はい。

ですね。じゃあまた明日以降もその好投ぶり期待しています。

(田口)頑張ります。

ありがとうございました。見事なセーブ、田口投手でした。

【試合結果:  DeNA 2-0 広島】

京山「戸柱さんの出したサインを信じて投げました」

梶谷「ダメな時を肥やしにして、いい打席を増やそうっていうことを心がけているので、それが結果になって良かったですね」

引き続きヒーローインタビューです。6回無失点2勝目を挙げました京山投手、そして先制タイムリーを含む3安打の活躍、梶谷選手です。まず京山さん、中継ぎ登板から中4日、そしてチームが連敗中という中ではありましたが、どういう気持ちで今日マウンドに上がりましたか?

(京山)はい、自分自身良いピッチングがあんまり続いていなかったので、どうにか0を並べて行こうという気持ちで投げました。

その通り0を6つ並べましたけれども、ご自身としては今日のピッチングどう評価されますか?

(京山)フォアボールも出して自分のミスでピンチ招いたんですけど、しっかり野手の方が守ってくださったので、すごく野手の方には感謝してます。

立ち上がりからストレートはやや少なめでカットボール中心で変化球が多かったと思いますけれども、その辺りはプラン通りだったでしょうか?

(京山)はい、キャッチャーの戸柱さんの出したサインを信じて投げました。

投げた最後のイニング、6回は少しピンチを招きました。前の回で少しランナーで塁上にいる時間が長かったんですけれども、あの6回のピンチはどういう風に乗り切ろうと投げてましたか?

(京山)味方のミスが出てしまったんですけど、自分がしっかりそこをカバーできるようにと思い投げました。

さあこれで今シーズン2勝目となりました。残り試合から行くと登板数も少ないと思いますが、今日の登板を次の登板にどう活かしていきたいでしょうか?

(京山)今日以上のピッチングができるように、頑張ってきたいと思います。

最後にファンの皆さんに一言お願いできますか?

(京山)これからも試合は続くので、応援よろしくお願いします。

まず6回無失点の京山投手でした。続きまして先制タイムリーを含む3安打の活躍、梶谷選手です。

(梶谷)ありがとうございます。

4試合ぶりのスターティングメンバーでしたが、リードオフマンとして今日の試合に臨む気持ちというのはどんな気持ちだったでしょうか?

(梶谷)ヒットを打ちたいと思いました。

あの攻撃では初回から先頭打者が出塁するイニングが続きましたけれども、あの5回のチャンスは何とかモノにしたいという気持ちは、当然梶谷さんの中でもあったでしょうね。

(梶谷)京山が頑張ってたんで、なんとか先に点をっていうのを持って打席入りました。

試合中に伝わってきた談話では前の打席の反省を生かしたという風に話していらっしゃいましたけども、そのあたり改めて話していただけますか?

(梶谷)その繰り返し繰り返しなんですけど、ダメな時を肥やしにして、いい打席を増やそうっていうことを心がけているので、それが結果になって良かったですね。

前の打席、打ち取られたストレートを弾き返していきました。手応えあのタイムリーヒットいかがだったでしょうか?

(梶谷)今年やりたい一番嬉しいヒットですね、はい。

残り試合も少なくなってきました。Aクラス入りに向けて負けられない試合が続きます。梶谷選手としては残り試合どういう風に戦っていきたいでしょうか?

(梶谷)いつも言ってますけど、とにかく1試合1試合を全力でいいプレー、いいバッティングできるように頑張りたいと思います。

最後に梶谷さんからもファンの皆さんに一言お願いします。

(梶谷)明日も球場に来て応援して下さい。よろしくお願いします。

今日のヒーロー京山投手と梶谷選手でした。放送席、どうぞ。