ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2020年10月13日(火)のヒーローインタビュー【勝野・ビシエド(中)九里(広)大貫(De)】

【今日のヒーロー】

【中日】勝野・ビシエド 【広島】九里 【DeNA】大貫

 

【試合結果:  中日 4-2 阪神

勝野「今日はテンポよく自分のペースでどんどん投げようと思って、フォアボールも結果無かったので、そういうところが良い結果に繋がったと思います」

ビシエド「僕を信じてください」

放送席、放送席、続きまして今日のヒーロー二人にお越しいただきました。まず見事、先発4勝目を手にした勝野投手です。勝野さんナイスピッチングでした。

(勝野)ありがとうございます。

まず今日のピッチング振り返って下さい。どんな感想ですか?

(勝野)今日もまた立ち上がりで、点を取られてしまったんですけど、裏に返してもらえたので、なんとかその後しっかり抑えるぞという気持ちで投げました。

確かに初回、そして序盤の失点の傾向はありますが、そういったあたり今日は強い思いを持ってマウンドに行ったんでしょうか?

(勝野)いつも間が悪くなってしまうので、今日はテンポよく自分のペースでどんどん投げようと思って、フォアボールも結果無かったので、そういうところが良い結果に繋がったと思います。

そして結果、初回2ランを浴びましたが、気持ちをうまく切り替えられたんじゃないでしょうか?

(勝野)そうですね、自分ではいい球投げたと思って、打たれてしまったので、力負けだと思って、その次のアウトしっかりとるぞという気持ちで投げました。

勝野さん、昨日チームは5割復帰、いろんな意味でプレッシャーの感じるマウンドになったと思いますが、そういったあたりの気持ちはどうでした?

(勝野)すごく大事な試合だと思っていたので、プレッシャーはあったんですけど、そこまで考えずにしっかり自分のピッチングをしようと思って、マウンドに上がりました。

そして相手は阪神です。前回は甲子園で悔しい思いをしました。そういったあたり、リベンジの強い気持ち、あったんじゃないでしょうか?

(勝野)そうですね、前回、すごく悔しかったので、絶対やり返すぞっていう気持ちで投げました。

そして勝野さん、今日の勝ち星はヤクルト以外の初星ということになりました。これに関してはどうでしょう?

(勝野)嬉しいですけど、これからもっといろんなチームで勝てるように頑張りたいと思ってます。

そしてそんな勝野投手の勝ちを呼び込んだ我らが4番です。ビシエド選手にお越しいただきました。ビシエド選手、ナイスバッティングでした。

ビシエドアリガトウ。

今日のツーベース2本、どんな手応えだったんでしょう?

ビシエド感覚は良かったです。神様のおかげでチャンスで一本出て、チームの勝利に貢献できてとても嬉しいです。

ここのところ少しトンネルに入ってしまった。ファンの皆さんも心配していたと思います。そういったあたりどうだったんですか?

ビシエド長いシーズンですから良い時も悪い時もあります。とにかく全力でチームの勝利貢献できるように一生懸命頑張っていきます。

ビシエドさん、今日の2本で復調したという風に我々は確信していいでしょうか?

ビシエド毎日しっかり準備して練習して試合に臨みます。僕を信じてください。

あと欲を言えば、来日100本目のホームランまであと一本です。できればこのナゴヤドームでドラゴンズファンの皆さんの前で打ってください。

ビシエドあまり考えようにしますけど、ナゴヤドーム中日ドラゴンズのファンの皆様の前で是非打ちたいと思ってます。

最後に勝野さん、次回のピッチングに向けて強い言葉でファンの皆さんにメッセージをお願いします。

(勝野)次もしっかり準備して、初回から0で行けるように頑張るので応援よろしくお願いします。

そしてビシエド選手、明日勝てばチームは2位浮上です。最後に力強いメッセージをください。

ビシエドチームの状態も良いです。とにかく勝利目指して、明日も全力で頑張ります。皆さん、明日も応援よろしくお願いします。

ありがとうございました。今日のヒーローは先発、勝野投手そして4番のビシエド選手でした。放送席、どうぞ。

【試合結果:  広島 4-3 巨人】

九里「挑戦者のつもりで、一人一人のバッターとしっかり勝負する中で、先に点をやらないように、もうそれだけです」

放送席、放送席、今日のヒーロー、見事6勝目をマークしました九里亜蓮投手です。8回1失点見事なピッチングでした。振り返ってください。

(九里)そうですね、相手のピッチャーが菅野さんで、すごい良いピッチャーですし、なんとか投げ負けないように、それだけを思ってマウンドで投げてました。

やはり相手の菅野投手が開幕から13連勝、意識するところありましたか?

(九里)本当に挑戦者のつもりで、一人一人のバッターとしっかり勝負する中で、先に点をやらないように、もうそれだけです、はい。

改めてその菅野投手の記録を止めたというところに関しては、個人としてもチームとしても大きいんじゃないでしょうか。

(九里)あんまり記録のとこは意識はしてなかったので、なんとか勝ててよかったです、はい。

それにしても6回1アウト満塁のピンチ、見事ウィーラー外のストレート、素晴らしいピッチングでしたね。

(九里)点をやらないっていうよりは、最少失点で切り抜ける、もうそれだけ思って投げてました、はい。

大きな拍手に包まれましたが、九里投手も7年目になりました。若手の台頭もあります。投手陣のリーダー的な存在というところがあると思いますが、この後の戦いに向けてもチームを代表して一言お願いします。

(九里)そうですね、もう1戦1戦勝っていくしかないと思うので、頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いします。本日はありがとうございました。

見事なピッチング、九里投手でした。放送席、どうぞ。

 

【試合結果:  DeNA 8-1 ヤクルト】

大貫「1イニング1イニング丁寧に投げた結果が勝ちにつながったと思います」

放送席、そして神宮球場にお集まりのベイスターズファンの皆様、お待たせいたしました。今日のヒーロー、6回1失点の好投、9勝目を挙げました大貫晋一投手です。おめでとうございます。

(大貫)ありがとうございます。

これで大貫投手自身3連勝、今シーズンの9勝目を挙げました。今のお気持ち、いかがですか?

(大貫)本当に嬉しいですし、1イニング1イニング丁寧に投げた結果が勝ちにつながったと思います。

まず今日のマウンド、どういったところを意識して投球に向かいましたか?

(大貫)そうですね、立ち上がりしっかり入ろうと思ったんですけど、ちょっとバタバタしてしまって、その中でも丁寧に1球1球、しっかりと思って投げることができました。

今日、初回以外はすべて先頭打者を切って取って、フォアボールなし、今シーズン最多の8奪三振というピッチングでした。その辺り、数字に関してはいかがですか?

(大貫)そうですね、先頭打者を出さないっていうのは、すごく自分の中で大切にしていることなので、今日はそれができて本当に良かったです。

そして2回には1アウト3塁の場面、自らのバットで1点返して同点に追いつきました。あの犠牲フライも振り返っていただけますか?

(大貫)全然、あまり得意じゃないので、食らいついていくっていう気持ちでしっかり当たったので良かったです。

打撃に関して、6回佐野選手のホームラン。その後、大貫選手もヒットを放ちました。あの辺りベイスターズ打線が爆発したという印象はありましたでしょうか?

(大貫)それはありませんけど、ヒットも打てて、すごく良かったです。

その後6回は三者凡退に抑えて、今シーズンの9勝目を挙げました。シーズンも終盤戦になってきましたが、この後も大貫投手、先発の機会があると思います。今日皆さん、ファンの方もたくさん駆けつけてきています。次の勝利に向けて力強い一言お願いいたします。

(大貫)残り試合も少ないですが、1試合1試合チーム一丸となって、しっかり戦っていきます。また応援よろしくお願いします。

見事9勝目を挙げました大貫投手でした。おめでとうございます。

(大貫)ありがとうございました。