ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2020年10月4日(日)のヒーローインタビュー【オースティン・大貫(De)松原(巨)中村裕(広)】

【今日のヒーロー】

DeNA】オースティン・大貫 【巨人】松原 【広島】中村裕

 

【試合結果:  DeNA 9-3 中日】

オースティン「最近チーム自体も調子よくなかったんですけど、こういう形で自分の打撃で勝つことできて非常に嬉しいと思います」

大貫「立ち上がりにしっかりいい形で入れた」

横浜スタジアムにお越しのベイスターズファンの皆さん、そして素敵な女性の皆さん、お待たせしました、ヒーローインタビューです。本日のヒーローはお二人、オースティン選手、大貫選手です。まずは本日、3本のホームラン6打点、オースティン選手。皆さんに一言お願いします。

(オースティン)ヤッタ。

ファンの皆さんはこのヤッタを待っていたと思います。

(オースティン)最近チーム自体も調子よくなかったんですけど、こういう形で自分の打撃で勝つことできて非常に嬉しいと思います。

それではまず初回のホームラン、こちらは初球でした。振り返って頂けますか?

(オースティン)最近自分の調子もあまり良くなかったので、最初は強く自分の強いスイングをすることが心がけてました。

そして2本目のホームランは、本当に打った瞬間だったと思うんですけども、手応えなどいかがでしたか?

(オースティン)さっきも言ったんですけども、調子が良くなかったので自分のスイングを心がけてました。自分の打撃でチームに貢献しようとそういう気持ちで打席に臨みました。

そして3本目はバックスクリーン横への特大のホームランでしたが。

(オースティン)すごいです。嬉しいです。

ここに来てホームランを量産していますが、好調の要因はどこにあるでしょうか?

(オースティン)良い時も悪い時もあるというふうに自分の中で思ってるので、今日はいい日だったと、そういう感じで思ってます。

次の試合の打席も期待しております。

(オースティン)いつか来るように願ってます。自分も。

まずは3本のホームラン、オースティン選手でした。続いて大貫選手、ナイスピッチングでした。

(大貫)ありがとうございます。

今日は非常にテンポの良いピッチングだったと思うんですけども、全体を振り返っていかがでしょうか?

(大貫)そうですね、立ち上がりにしっかりいい形で入れたっていうのもありましたし、野手の方が先制点を取っていただいて、すごくリズムに乗って投げることができました。

今お話あったように、初回三者凡退でスタートして、オースティン選手の先制ホームラン、力になったんじゃないでしょうか?

(大貫)そうですね、あのものすごい打球が飛んでいったので、とても力強いものでした。

さぁこれでチームトップ、ご自身の記録を更新する8勝目です。こうなるとやはりファンは二桁勝利を期待してしまうんですけども、その辺りの意識はいかがですか?

(大貫)1試合1試合、自分ができることをしっかりやって、チームのために勝ちがなるべくチームに増えるようにしっかり頑張りたいです。

さぁそして今日はガルフェス最終日ということで、素敵なユニフォーム来た方々がいっぱいいたんですけども、その辺の意識はあったんでしょうか?ガルフェスの。

(大貫)とてもたくさんの女性ファンの方が球場にいらしてくださって、とても雰囲気が華やかなものだったなとすごく思います。

大きな拍手も来てますんで、ベイスターズはそして女性ファンの期待に応えるピッチング、期待しております。

(大貫)ありがとうございます。

今日のヒーローは、オースティン選手、そして大貫選手でした。

 

【試合結果:  巨人 7-1 阪神

松原「1、2番二人でチームに流れを持ってこれたかなって、そこは嬉しく思います」

放送席、放送席、今日のヒーローは松原聖弥選手です。今日は2本のタイムリーヒット、3打点、ナイスバッティングでした。

(松原)ありがとうございます。

3回、7回とチームが欲しいところで出た2本でしたけど、振り返ってみていかがですか?

(松原)勝ってはいたんですけど、あと1点ってのがなかなか取れない状況だったんで、なんとか食らいついて、いい結果に繋がったんでよかったです。

中軸に回す前に、吉川選手と1、2番で点を取るっていうところもチームにとって大きかったじゃないですか?

(松原)そうですね、やっぱり尚輝は同期入団ですし、同級生ですし、なんとか1、2番二人でチームに流れを持ってこれたかなって、そこは嬉しく思います。

同期の1、2番でこんな1、2番にして行こうなんて話はしてるんですか?

(松原)特には無いんですけど、まぁ攻撃的に二人で一点取れるような1、2番にはなりたいなと思ってます。

そういった意味では今日は大江投手が、3回ノーアウト満塁しっかり抑えました。あのシーンはどう見てましたか?

(松原)本当に昨日もそうですし、本当にいつもチャンスでチームを救ってくれるピッチングをしてくれるんで、なんとか野手で点を取って、勝ちたいなと思って見てました。

そういった意味では4年目のメンバー、優勝に向けてかなりチーム引っ張ってるんじゃないですか?

(松原)まだまだ活躍できない所もあるんで、このまま日本一まで引っ張っていきたいと思います。

残りの試合、松原選手はどんなプレー見せてくれますか?

(松原)守備でも足でもバッティングでも何とかチームに貢献できるように頑張っていきたいです。

ありがとうございました。

(松原)ありがとうございます。

 

【試合結果:  広島 6-4 ヤクルト】

中村祐「會澤さんのリードを信じて、ミットめがけて一生懸命腕振ってました」

放送席、そして神宮球場にお集まりのカープファンの皆様、お待たせ致しました。本日のヒーロー、見事2年ぶりの白星を挙げました中村裕太投手です。2018年5月1日巨人戦以来の白星ということになりました。今のお気持ちいかですか?

(中村)すごく嬉しいです。

今シーズン3試合目の登板ということになりました。緩急自在という形の立ち上がりに見えたんですけれども、今日はどういったところにポイントをあげてマウンドに上がりましたか?

(中村)そうですね、正直あまり調子よくなかったので、もう會澤さんのリードを信じて、ミットめがけて一生懸命腕振ってました。

味方が先制してくれた後のピッチングなんですけれども、まずは4回裏に2対1という場面でノーアウト一塁二塁のピンチが訪れました。その時はどんな気持ちで腕を振ったんでしょうか?

(中村)そうですね、なんとか一点取られても同点っていうぐらいの気持ちで、しっかりミットめがけて腕振った結果が、あの結果になったのかなと思います。

結果、三者連続の三振ということになりました。あの回、投げ終えた時の気持ち教えていただけますか?

(中村)そうですね、でもまだ序盤だったので、気を引き締め直して次のイニングっていう風に切り替えました。

そして5回の表に味方の打線に火がついて、リードが大きくなったところで、勝利投手の権利がかかる5回裏のピッチングは三者凡退でしたね。振り返っていかがですか?

(中村)そうですね、あそこはなんとか3人で意識して抑えに行きました。

打線の話で言いますと、この三日間でカープ41安打と、ものすごい爆発力だと思うんですけれども、そのあたりいかがでしょうか?

(中村)そうですね、すごい頼もしいですし、序盤に点を取ってくれたので、気持ちよく投げることができました。

さあこのペナントレースも残り30試合ということになりました。中村投手のご自身の次回の登板に向けての気持ちも含めて、それではファンの皆様に力強い一言お願い致します。

(中村)そうですね、この状況の中でも応援してくれるファンの皆さんの期待に応えられるように、1試合1試合、必死に頑張っていきますので応援よろしくお願いします。

2年5ヶ月ぶりの白星を挙げました中村裕太投手でした。おめでとうございます。