ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2020年9月23日(水)のヒーローインタビュー【高橋(中)田口・大城・若林(巨)上茶谷(De)】

【今日のヒーロー】

【中日】高橋 【巨人】田口・大城・若林 【DeNA】上茶谷

 

【試合結果:  中日 11-5 ヤクルト】

高橋「チャンスだったんで、ランナー返せるように打席に入りました」

今日のヒーロー高橋周平選手です。ナイスバッティングでした。

(高橋)はい、ありがとうございます。

まず一本目のタイムリー、どんな気持ちで打席に入りましたか?

(高橋)チャンスだったんで、ランナー返せるように打席に入りました。

2本目のタイムリーは同点に追いつく価値ある一本でした。あの打席はどんな気持ちでバッターボックスに入りましたか?

(高橋)チャンスだったんで、ランナーを返せるように打席に入りました。

第3打席2ベースでした。どんな気持ちでバッターボックスに入りましたか?

(高橋)ちょっと展開も怪しくなってきたところだったんで、はい、塁に出ようと思って打席に入りました。

3本目が今シーズン6回目の猛打賞になりました。これについてはいかがですか?

(高橋)いっぱい打ちたいんで、打ててよかったです。

5回の表の守りでは、相手のセーフティバント素手で掴んで一塁に送球というプレーがありました。あのプレー、ご自身で振り返ってください。

(高橋)ちょっと狙われてる感じがしたんで、1球目だけ少し前に行った結果が良かったですね。

これでチームは今シーズン初の5連勝になりました。今のチームの雰囲気を教えてください。

(高橋)雰囲気ですか?勝てているんで雰囲気はいいと思います、はい。

週末はジャイアンツ戦が待ってます。意気込みを聞かせてください。

(高橋)相手どうこうっていう問題じゃないと思うんで、1試合1試合、残り少ないですけど全力で戦っていきたいと思います。

最後にたくさん詰め掛けてくれましたドラゴンズファンの皆さんにメッセージをお願いします。

(高橋)はい、まだまだ規制がありますが、僕たちは一生懸命頑張るだけなので、また熱い応援よろしくお願いします。

3安打3打点の活躍でした。今日のヒーロー高橋周平選手でした。放送席、どうぞ。

 

【試合結果:  巨人 7-3 広島】

田口「阿部さんから鼓舞して頂いて、一言いただいて、そこからさらにスイッチが入った」

大城「皆さんが繋いでくれたんで、チャンスでもあったので、積極的に行こうと決めたので、良い結果になってくれた」

若林「思い切って悔いのないスイングをしようと心掛けて、打席に入ってました」

放送席、放送席、4連勝のジャイアンツ、今日のヒーロー、まず田口投手に伺います。田口さん、最後の9回、悔しい思いもあるかと思いますけれども、今日の試合を振り返っていかがでしたでしょうか?

(田口)やっぱり野手の方がずっと引っ張ってくれて、卓三さんもね、僕の持ち味を最後まで引き出そうとやってくれたので、それを何とか応えようと思って腕を振りました。

序盤から打線も点を取ってくれて、4回に1点こそ取られましたが、5回以降本当に素晴らしいピッチングで、三者凡退の山でしたね。

(田口)そうですね、5回、4回ぐらいに阿部さんから鼓舞して頂いて、一言いただいて、そこからさらにスイッチが入って、マウンドに臨めました。

差し支えなければ、どんなその一言だったんでしょうか?

(田口)内緒です。

そうでしたか。その言葉で力を得て、5回からまたスイッチも入って、9回完投も見えたと思うんですけれども、完投勝利であれば3年ぶりというところでしたが、意識はありましたか?

(田口)僕自身は意識はしてないんですけど、前回もそうですし、回の途中で変わってしまうことがあったので、なんとか投げ切りたいと思ったんですけど、また自分の弱いところが少し出てしまったのかなと思います。

ただ田口さん自身、これで今シーズンこれで3連勝で通算5勝となりました。次のピッチングに向けてはどうでしょうか?

(田口)本当に毎試合、毎試合、野手の方に助けられてますし、キャッチャーのね、リードも素晴らしいので、しっかりとチームに貢献できるように最後まで全力で腕を振っていきたいなと思います。

次はまた完投期待してます。

(田口)はい、頑張ります。

見事今シーズン5勝目の田口投手でした。ありがとうございます。

さぁそして、打のヒーローをお迎えしたいと思います。今日はこの先発も田口投手をリードしました、マスクをかぶった大城選手です。大城さん、立ち上がりから田口投手を良い形でリードできたと思うんですけれども、今日振り返っていかがでしょうか?今日のリードの面では。

(大城)そうですね、いいピッチングしてくれたんですけど、最後はやっぱりちょっと完投できなくて、田口に申し訳ないです。

大城さんも非常に悔しそうな表情が見えたんですけれども、ただ序盤から試合の流れの面では、バッティングでまずは先制点、先制打をあげるという良い働きが出来ましたね。

(大城)そうですね、皆さんが繋いでくれたんで、チャンスでもあったので、積極的に行こうと決めたので、良い結果になってくれたと思います。

それから2本目のヒットも低めのかなり難しいボールに見えたんですけれども、良いヒットになりましたね。

(大城)どうにかしてね、本当に食らいつこうと思って、はい、食らいつきました。

大城選手のリード、そしてバッティングもありまして、これで4連勝となりました。また1日挟んで連戦始まりますけれども、また次の戦いに向けてどうでしょうか?

(大城)これからも厳しい戦いが続くと思いますので、もう一段階、気を引き締めてまた明後日からの試合頑張っていきたいと思います。

また素晴らしい活躍を期待しています。

(大城)ありがとうございます。

大城選手でした。さぁそして、若林選手にも加わって頂きます。今日は見事な3安打猛打賞、今日はバッティングで素晴らしい活躍できましたね。振り返っていかがでしたか?

(若林)そうですね、いただいたチャンスだったので思い切って行こうっていう気持ちで、打席に入ってました。

ヒットを積み重ね、そして何と言っても嬉しい今シーズンの第1号ホームラン、これも大きな1発でしたね。

(若林)そうですね、カウントが有利だったので、思い切って悔いのないスイングをしようと心掛けて、打席に入ってました。

終わってみれば3安打猛打賞、今日はデッドボール含めて全部出塁したんですけれども、振り返って。

(若林)1打席1打席、必死だったので終わってみれば3本という結果だったので、良かったかなと思います。

また着実にチームはマジックを減らしてきています。また次の戦いに向けて一言お願いします。

(若林)1戦1戦必死に戦って優勝できるように頑張ります。

また良いバッティングを期待しています。

(若林)ありがとうございました。

今日のヒーロー、田口投手、大城選手、そして若林選手でした。放送席、どうそ。 

 

 

【試合結果:  DeNA 4-0 阪神

上茶谷「ちょっと不安な立ち上がりだったんですけど、そこからしっかり地に足つけてしっかり投げることができた」

放送席、放送席、今日のヒーローはベイスターズ、今シーズン2勝目を見事完封で飾りました上茶谷投手です。ナイスピッチングでした。

(上茶谷)ありがとうございます。

まずは最後、気持ちの良いガッツポーズでした。あの時の気持ち教えてください。

(上茶谷)そうですね、三振で終わることできたんですけど、少しちょっと甘く入ったので、ちょっと一瞬、間があったんですけど、0で終われてよかったです。

8回終わった段階で120球超えてましたけど、ベンチではこの9回というのは志願のイニングだったんですか?

(上茶谷)いえ、あのもうシンプルに、はい。

去年のプロ初完封とこの完封っていうのは、また二つ目はどうですか?感想は。

(上茶谷)そうですね、本当にできると思ってなかったので、嬉しいです、はい。

改めて今日のご自身のピッチング、内容としてはいかがでしたか?

(上茶谷)一番の近本さんにノースリーから入ったんで、ちょっと不安な立ち上がりだったんですけど、そこからしっかり地に足つけてしっかり投げることができたので、そこは本当に良かったです。

最近の結果を見てますと、投球内容もどんどんギアが上がってるに見えるんですけれども、このシーズン終盤に受けてご自身の今の状態、手応えはいかがですか?

(上茶谷)昨年、夏バテして結構落ちてしまったので、今年はもうこのまま一つでも多く勝てるように、頑張りたいと思います。

また今年の初完封が地元関西、この甲子園での完封になりました。このあたりいかがでしょう?

(上茶谷)そうですね、地元の関西で本当にすごく阪神ファンの方も声援そこから頂いて、本当に関西なんで気持ちよく、はい、投げれました。

チーム状況としてジャイアンツを追っていく形ですけれども、この終盤というのは今チームではどんな思いで戦ってるんですか?

(上茶谷)目の前の1戦1戦を戦うだけなので、それを勝っていって、差を縮められるように頑張りたいと思います。

このままいけば次回登板は、本拠地ハマスタになると思うんですけど、次回はどんなピッチング見せてくれますか?

(上茶谷)今日みたいなのはもうないと思うので、まずは1人ずつしっかり抑えていきたいと思います。

ありがとうございました。

(上茶谷)ありがとうございました。