ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2020年9月3日(木)のヒーローインタビュー【福田・福谷(中)松原・田口(巨)岩貞、ガンケル、岩崎(神)】

【今日のヒーロー】

【中日】福田、福谷 【巨人】松原、田口 【阪神】岩貞、ガンケル、岩崎

 

 

【試合結果:  中日 6-0 広島】

福田「復帰の最初の試合はすごい大事、1打席目で良い結果が出せたので良かった」

福谷「代わることになってしまい、悔しかったのは一番、ちょっと情けない姿見せてしまいました」

放送席、放送席、ヒーローインタビュー、これからドラゴンズの二人の福になってくれそうなお二人です。福田選手そして福谷投手です。

まず福田選手から伺います。ファーストスイングでした。すごい当たりでした。どんな思いでバッターボックスだったんでしょう?

(福田)復帰の最初の試合はすごい大事だと思って、準備して1打席目で良い結果が出せたので良かったです。

手に残った感触というのは、キャリアの中でもかなり上のほうじゃないかと思うんですが、そのあたりいかがだったでしょうか?

(福田)すごいいい形で振れたんでよかったです。

ちょっとコンディションの不良があって、戦線を離脱することになりましたが、その間考えていたことはどんなことだったですか?

(福田)まずは体の状態を良くするっての1番だったですけど、その中でバッティングの状態も今一つ上がってなかったんで、コーチと色々話しながら、しっかり練習してきました。

デッドボールも含めてちょっと気になりましたが、もう体の状態は大丈夫ですか?

(福田)はい、体は全然問題ないです。

久しぶりに聞くこのナゴヤドームのお客様のファンの歓声、どんな風に感じたでしょう?

(福田)すごい良い緊張感の中で、集中してやれたんで良かったです。

ある意味福田選手が乗せたと言ってもいい、お隣の福谷投手のピッチングはどんなふうに見てましたか?

(福田)本当に初回からいいテンポで、ストライク先行で投げたんで、援護できてよかったです。

もう後半戦にペナントレース入ってます。そういう意味ではこっからガンガン行くしかないという形の後半になってきますが、その辺りの思いはいかがでしょう?

(福田)もちろん最後までしっかり勝ちに貢献できるように、全力でやって行きます。

という福田選手でした。そして投げて打って福谷投手です。ナイスピッチング、そしてナイスバッティングでした。

(福谷)ありがとうございます。

ナゴヤドームでは、先発では初めてのこの形になりますけども、聞こえてきた歓声はどうだったんでしょう?

(福谷)ずっとビジターで投げ続けて、ここで投げるのを目標にやってきたので本当に嬉しかったです。

今日はまず福田選手がホームランで、そしてその後タイムリーで乗せてくれました。そういう意味ではまず入りやすい立ち上がりじゃなかったかと思うんですが、今日ご自身で一番良かったところは、どんなところでしょう?

(福谷)そうですね、ノーアウト一二塁になったところで、郡司から続けますよっていう風に言ってもらって、僕も気持ち入れ直して投げ切ったのが一番良かったです。

素晴らしかったのはピンチらしいピンチはあまりなかったんですが、6回そしてあの8回、鈴木誠也選手との対戦、どんな風な思いで投げ込んで行ったんでしょう?

(福谷)球界を代表するバッターなので、とにかく気持ちだけは負けないように腕振りました。

8回、どうしても伺わなければいけないあの場面、与田監督は自ら足を運びました。どんなお話で福谷さんはどんな風に返したんでしょう?

(福谷)監督からも行けるのか?って言って頂いて、行くつもりです、ていう風に答えて、結果が代わることになってしまいましたけど、悔しかったのは一番なんですけどね、ちょっと情けない姿見せてしまいました。

ただ熱いものが伝う中で、すごい拍手が起こりました。あの歓声は聞こえてましたか?

(福谷)はい。とても聞こえました。

どんな風に思いましたか?

(福谷)また次こそ完投、完封できるようにしっかり練習していきたいと思います。

それから福谷さん、打ってもすごかったですね。何か6大学時代を思い返すような、良いバッティングが2本ありました。これについてはいかがでしょう?

(福谷)バット振ったら当たりました。

記念のボールがしかし、初安打も初打点もありますが2つ、更に今日のウイニングボール、1日で3つできましたね。

(福谷)そんなことなかなか無いと思うので、でも次もしっかり準備していきたいと思います。

さぁ地元で勝ち越しに成功しました。ファンは信じてます。これだけの拍手もあります。お二人にそれでは最後にファンの皆さんに、これからの決意も込めて一言ずつお願いします。まず福谷投手お願いします。

(福谷)半分終わって僕もあまり初めからいなかったですけど、1試合1試合大切に自分ができることをプレーして、戦って行きますので最後まで応援よろしくお願います。

そして福田選手、お願いします。

(福田)前半戦は、あまり貢献できなかったんで、残り半分も全力で最後まで戦い抜きます。

投打のヒーローお越し頂きました、福田選手、福谷投手でした。放送席、どうぞ。

【試合結果:  巨人 13-4 DeNA

松原「自分でもビックリする結果だったので、本当に褒めていただけて良かった」

田口「初回1点取られてしまったので、またかと、皆さん思ったと思います」

放送席、放送席、5連勝のジャイアンツ、今日は投打のヒーローお迎えします。まずは嬉しいプロ初ホームランの松原選手です。

(松原)ありがとうございます。

つい先ほどまで監督に祝福されていましたが、どんなお気持ちですか?

(松原)本当に自分でもビックリする結果だったので、本当に褒めていただけて良かったです。

そのホームランですけれども、本当に大きなあたりで中段より上まで飛んでいきましたが、感触いかがでしたか?

(松原)偶然に近いんですけど、次のバッターにつなごうという気持ちで、最高の結果につながったので良かったです。

打ったボールですけれども、ちょっとインコース高めでしたかね、ちょっと難しいボールにも見えたんですけれども、どんな意識で臨んで出た結果でしたか?

(松原)とりあえず今日は、逆方向という意識だったんですけど、その意識が逆にいい方向に出て、上手くインコースを回ることができました。

あのホームランを打ったイニング2回は10点取ってるんですけれども、その勢いをつけたのが松原さんの1本からですかね。

(松原)ありがとうございます。

そして今日ホームランもそうですが、フォアボールも3つ、この辺りの内容というのはどう感じていますか?

(松原)先ほども言ったんですけど、何とか次の、僕の後ろはクリーンアップなんで、頼もしい先輩後輩が待ってるので、なんとかチャンスで回そうという気持ちで打席に入りました。

今年は松原選手にとってプロ初のことがたくさんあるんですけれども、この初ホームラン、改めてどんなものが残りますか?

(松原)本当にチームも今良い流れなので、その流れをこの13連戦、始まったばっかなので、この勢いのまま行けるように頑張ります。

また素晴らしい活躍を期待してます。

(松原)ありがとうございます。

まずは打のヒーロー、嬉しいプロ初ホームランの松原選手でした。

さぁそれでは、先発の田口投手にお越し頂きたいと思います。6回ナイスピッチングでした。

(田口)ありがとうございます。

振り返って今日のピッチングはご自身ではどう感じてらっしゃいますか?

(田口)初回1点取られてしまったので、またかと、皆さん思ったと思います。

いやいや、その後のピッチング内容、非常に素晴らしかったと思うんですが、6回でその1点はありますが、フォアボールもありませんでした。前回からの悔しさもあったと思うんですが、今日はどんな思いで臨んだマウンドだったんですか?

(田口)そうですね、1点で収まったのはいいんですけど、先頭バッターであったり、またヒットを出してしまうところがいくつかあったので、そこは反省点で、はい、次に活かしていきたいなと思います。

投げた6イニング見てましても、要所要所で非常に力強いストレートも決まっていましたし、投球内容としてご自身でどうでしたか?

(田口)変化球だけにとらわれず、しっかりまっすぐを投げ込むっていうのも、今日は少しテーマに置いて試合に臨んだんですけど、卓三さんが本当に僕を上手く引き出してくれたので、それ応えようと必死に腕を振りました。

田口さんにとっておよそ1ヶ月ぶりの3勝目ということになりましたけれども、この久しぶりの勝利、この点に関してはどうですか?

(田口)お久しぶりです。

ファンの皆さん待っていたと思いますよ。

(田口)そうですね、ここ一か月チームにもそうですし、ファンの皆様の期待も裏切ることが本当に多かったので、今日は野手の皆さんに本当に助けられて、いい勝利ができたと思います。

チームは5連勝、そしてチームは13連戦の真っ只中ですが、この連戦中の登板またあると思います。次のピッチングに向けて一言お願いします。

(田口)今日は野手の皆さんに本当に助けられたので、今度は自分自身が野手の皆さんもそうですし、チームを助けられるように、一人一人抑えられるように頑張りたいです。

次もナイスピッチングを期待してます。

(田口)ありがとうございます。

久しぶりの勝利になりました。今日の先発田口投手でした。放送席、どうぞ。

 

 

【試合結果:  阪神 4-3 ヤクルト】

岩貞「先発している時より勝ってしまっているので、ちょっと複雑な気持ちはあります」

ガンケル「タイガースファン、イツモアリガトウ」

岩崎「タイガースファン、イツモアリガトウ」

放送席、放送席、ヒーローインタビューです。今日のヒーローは、見事なリリーフ3投手にお越しいただきました。今シーズン5勝目岩貞投手、そして10ホールド、ガンケル投手、シーズン初セーブ岩崎投手の3人です。

まずは岩貞投手に伺います。今日も7回、非常に厳しい場面での登板になりました。どんな思いでマウンドに向かったんですか?

(岩貞)とりあえず、早く肩作ろうと思って、こっちで頑張って作りました。

目の前で能見投手が1球で降板、その辺りの準備、非常に難しかったんじゃないですか?

(岩貞)そうですね、早く肩作ろうってその一心で投げました。

肩はできていたんですか?

(岩貞)いや、出来てなかったんでこっちで全部、はい、やらしていただきました。

その状況で相手は強敵の青木選手でした。3球でセカンドゴロ。この投球内容を振り返ってどうですか?

(岩貞)こっちで投げながらも、その青木さんの打席をイメージしながら結構投げれたので、そういった意味ではこっちで作れたことはデカかったかなと思います。

そういう意味でもリリーフの難しさ、またそこの役割というのは、今どう感じてプレーされていますか?

(岩貞)やっぱりチーム一つになって、この1勝を掴み取るということの難しさ大変さを中継ぎ入ってより感じています。

その1勝の難しさとありましたが、ここ5試合で岩貞投手自身、三つ目の勝ち星です。ここはどうですか?

(岩貞)先発している時より勝ってしまっているので、ちょっと複雑な気持ちはあります。

とはいえ非常に大きな勝利。また明日以降へ向けて抱負を教えてください。

(岩貞)明日から巨人戦ということで、球児さんも言ってましたけど、やっぱ巨人を倒してという所だと思うので、また準備してやっていきたいと思います。

どうもありがとうございました。岩貞投手に伺いました。

では続いて、ガンケル投手と岩崎投手の二人です。今シーズン10ホールド目ガンケル投手、初めてのお立ち台の風景、今の気持ちどうですか?

(ガンケル)本当にここのお立ち台に立てて嬉しいと思っています、率直に。リリーバーとして立つ機会というのは少ないと思うんですけど、その中でこうやってファンの皆さんの前で立てるというのは本当に嬉しいです。

今日の投球内容ですけれども、8回1点差で相手のクリーンアップが相手でした。どんな思いでマウンドに向かったんですか?

(ガンケル)あの場面、7回裏に点を取って勝ち越して、その中でもしっかり積極的に攻めて行こうかなという風には思いました。そこで相手のバッターに対してプレッシャーをかけることが自分の仕事かなっていうふうに思っていました。

今日もナイスピッチングで10ホールド目、日頃のタイガースファンの声援というのはどう感じていらっしゃいますか?

(ガンケル)タイガースファン、イキマショウ!

それでは続いて、岩崎投手に伺います。9回1点リードでのマウンドでした。どんな気持ちで今日マウンドに向かったんですか?

(岩崎)普段あんまり緊張しないんですけど、今日は久々に緊張しました。

先頭バッターが塁に出て、この後投球内容ご自身で振り返ってどうですか?

(岩崎)なんとかとにかく0点で終わればいいと思ってたんで、目の前のバッターに集中しました。

2アウトからランナー一塁で、梅野さんがマウンドに来ましたよね。どんな話があったんですか?

(岩崎)あんまり覚えてないですけど、あんまり覚えてないです、はい。

それぐらい緊迫したところでしたけれども、岩崎さん、これが今シーズン初セーブであり、プロ初セーブになりました。

(岩崎)ありがとうございます。

この事に関しては何か感じられますか?

(岩崎)緊張したんで、普段と同じように8回裏とか8回表か、8回表だと思って投げようと思ったんですけど、9回でした。

その9回を守りきる、9回の1イニングの難しさというものを感じたと思うんですが、先日引退を表明されました藤川球児投手。このピッチャーのことに関して、岩崎さんどうですか?

(岩崎)ここでは言い表せないぐらいのものがあるんですけど、今年監督は優勝して最後のマウンドには球児さんがいるって決めてるので、その未来に向かって突き進んでいくだけです。

どうもありがとうございます。それではこれでカード、4カード連続勝ち越しで明日からジャイアンツを迎えての甲子園4連戦です。ガンケル投手岩崎投手に一言ずつ明日以降に向けて、一言お願いします。

(ガンケル)タイガースファン、イツモアリガトウ。

ガンケル投手でした。では岩崎投手お願いします。

(岩崎)タイガースファン、イツモアリガトウ。

どうもありがとうございました。今日のヒーローは、岩貞投手、ガンケル投手、岩崎投手の3人でした。放送席、どうぞ。