ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2020年8月18日(火)のヒーローインタビュー【大島(中)菅野(巨)井納(De)】

【今日のヒーロー】

【中日】大島 【巨人】菅野 【DeNA】井納

日本ハム】大田 【西武】高橋 【ロッテ】美馬、安田

 

パリーグは、パ・リーグTV公式の動画が早くてオススメです。

https://tv.pacificleague.jp/vod/pc/topics/interview

 

【試合結果:  中日 8-3 ヤクルト】

大島「(1500安打目が)内野安打という形でしたので、僕らしいかなと思いました」

放送席、そしてドラゴンズファンの皆さん、ヒーローインタビューです。今日のヒーローは見事、通算1500安打達成しました、大島洋平選手です。おめでとうございます。

(大島)ありがとうございます。

見事、1500安打達成しました。今、どんなお気持ちですか?

(大島)本当に今日はチームが勝てたので、そして自分がこういう節目の記録を達成できて、すごいダブルで嬉しい気持ちでいっぱいです。

残り2本で迎えた今日の試合でしたが、どんな気持ちで打席に入られましたか?

(大島)そうですね、気持ち的にはいつもと変わらず、とにかく塁に出ることを心がけてやりました。

一本目はレフト線を抜けるヒット、そして1500本目はショートへの内野安打でした。一塁駆け抜けた時どんな心境でしたか?

(大島)内野安打という形でしたので、僕らしいかなと思いました。

そして達成した時はチームメイトだけではなくて、ドラゴンズファンそしてスワローズから、球場全体から拍手が送られていました。どんな心境で聞こえていたんでしょうか?

(大島)本当にですね、チームのみんなも後押ししてくれましたし、そしてドラゴンズファンもヤクルトファンも温かい、今こういう世の中ですけど、すごい声援じゃないですけど、熱い気持ちを感じました。ありがとうございました。

そして先ほど大島さんからもありましたが、今日は二桁安打でチームはこれで3連勝となりました。そして今日はカード頭を勝利して、これからまた連戦が続きます。応援してくれるファンの皆さんに最後メッセージをお願いします。

(大島)僕もまだまだ1500本で終わる気もないですし、これからもまたチームの勝ちに繋がるような一本ずつ打っていきます。そしてドラゴンズもまだまだ優勝というところ諦めてないので、最後まで頑張りますので、応援よろしくお願いします。

見事1500安打達成しました、大島選手でした。おめでとうございました。

 

【試合結果:  巨人 1-0 阪神

菅野「中5日ぐらいで、ヒーヒー言ってたら先発ピッチャー務まらない」

放送席、放送席、そして東京ドームのファンの皆さん、続いてはヒーローインタビューです。開幕から8連勝、菅野投手です。おめでとうございます。今日のこの1勝というのは、今シーズンの中でも今どんな気持ちが湧き上がってきますか?

(菅野)そうですね、いつも点を取ってくれてるので、今日は恩返しできたと思います。

試合展開としても1対0という接戦、投手戦でした。やはりその中の完封ってのはまた一味違いますか?

(菅野)そうですね、格別なものがあります。

完封も早くも今シーズン3勝目になりました。特に終盤かなり力も入ってるように見えましたが。相当終盤は意識はあったんでしょうか?

(菅野)そうですね、序盤は球数が多かったんですけど、うまく大城がね、いいリードしてくれたので、最後まで投げることができたと思います。

特に3回以降は許したのはヒット一本、そして最後のフォアボール一つだけということで、何か3回以降、大城選手と話し合ったり、あるいは何かを変えたところはあったんでしょうか?

(菅野)序盤はまっすぐ、スライダーっていう2択になってしまっていたので、いろんなボールを使っていこうとそういう組み立てを話し合いました。

その後結果として三者凡退も非常に多かったんですが、あの6回は一打同点のピンチもありました。あそこはやはり今日の一番のポイントだったんでしょうか?

(菅野)そうですね、前回の甲子園の時に、サンズには打たれてしまったので、今日はしっかり借りを返せたと思います。

今シーズン初めての中5日ではありましたが、その辺りはいかがでしたか?

(菅野)中5日ぐらいでね、ヒーヒー言ってたら先発ピッチャー務まらないと思うので大丈夫です。

そして開幕から8連勝になりました。ジャイアンツとしては斎藤雅樹さん以来の8連勝となりましたが、その辺りいかがですか?

(菅野)そうですね、まだまだ足元にも及ばないと思いますけど、ちょっとでも近づけるように、これからも連勝伸ばしていきたいです。

打線の援護としては岡本選手のホームランもありました。今シーズン、菅野投手が投げる時はよくホームラン打ってくれますよね。

(菅野)本当ですね、後でしっかりお礼言っときます。

前回に続いてまたチームの連敗を止める1勝になりました。やはりそういったチームの流れをまた良くするピッチングというのは、菅野さんの中でも違った思いはありますか?

(菅野)多少なりともね、意識はする部分はありますけどでも、出来ることは限られているので、はい、明日からまた連勝が続くと思います。

チームの連勝、そしてファンの皆さんはさらに菅野投手の連勝も大いに期待していると思います。この後に向けてもお願い致します。

(菅野)はい、120試合っていう短いシーズンでありますけど、日本一を目指してチーム一丸となって頑張ってますので、最後まで応援よろしくお願いします。ありがとございました。

本当におめでとうございました。開幕8連勝、完封勝利、菅野投手でした。

 

【試合結果:  DeNA 4-3 広島】

井納「今までと変わらず、1球1球集中して、一つでもアウトを取れるように心がけて投げました」

放送席、放送席、ヒーローインタビューです。今日のヒーローは6回無失点、今シーズン4勝目井納投手です。おめでとうございました。

(井納)ありがとうございます。

今日はもう本当大変暑い中での先発ということになりました。どのような心持ちでマウンドに上がったんでしょう?

(井納)そうですね、今までと変わらず、1球1球集中して、一つでもアウトを取れるように心がけて投げました。

非常に見ていてテンポ良く投げているような気がしましたが、そのあたりいかがだったですか?

(井納)そうですね、先週が普段通り投げてるかなと思って、もう一度家とかでその試合を振り返ってみた時に、テンポが思った以上に良くなかったので、まずテンポを心がけて行こうっていうのも決めながら、はい、ブルペンからそれはやって、試合でそのままのリズムでいきました。

ストレートにも非常に力があるように見えました。

(井納)そうですね、今シーズンは、はい。今のところいい状態で投げてます。

そして今日は先制点があって、その後5回の追加点が大きかったんじゃないでしょうか?

(井納)そうですね、野手の方々が一生懸命取ってくれた点でもありますし、なんとかピンチでも踏ん張って投げようっていう気持ちを持ちながら、投げることができました。

そしてチームの連敗も止めたということになりましたね。

(井納)まあそれは結果的にはそうなりましたけど、週の頭としてしっかりと、先週のことを忘れてはいけないですけど、また新たな気持ちで選手一同やっていく気持ちではいると思うので、良かったと思います。

今後ますます厳しい戦いが続いていくと思いますが、今後の抱負を最後にお願いします。

(井納)そうですね、今のところ調子もそこまで悪くないと思うので、やってることをそのまま引き続きやってって、今日の反省点もあると思うので、それは次週までにしっかりとやってまた臨みたいと思います。

はい、ありがとうございました。今日のヒーロー、井納投手でした。ありがとうございました 。