ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2020年8月7日(金)のヒーローインタビュー【大野(中)吉田大喜(ヤ)羽月・松山(広)】

【本日のヒーロー】

【中日】大野 【ヤクルト】吉田大喜 【広島】羽月、松山

【ロッテ】益田 【楽天】ロメロ、小深田 【日本ハム】近藤、杉浦

 

パリーグは、パ・リーグTV公式 YouTube動画がオススメです。

https://www.youtube.com/c/PacificLeagueTVofficial/featured

 

【試合結果:  中日 7-1 巨人】

大野「2回裏に4点取った時ぐらいから、長いイニングは投げたいと思ってました」

放送席、放送席、まず大野雄大投手にお話を伺います。ナイスピッチングでした。

(大野)はい、ありがとうございます。

先ほど与田監督からもありましたが状態は問題ない、やはり完投するつもりで今日は投げていたんでしょうか?

(大野)そうですね、球数もそんなに多くなく、試合運びできてましたし、行けたらええなぁとは、はい、思ってました。

ちょっとチームの流れが良くない中で迎えました、この一戦。そういう部分でのジャイアンツ戦の初戦、どんな面持ちで今日はマウンドに上がったんでしょう?

(大野)できることやろうと思って、マウンドに上がりました。そんなに気合い入れすぎてもいいピッチャーじゃないんで、普段通りしっかり試合を作っていこうと思ってマウンドに上がりました。

気合を入れすぎてもという部分では今日はストレートもそうだったんですが、ツーシームが本当に要所でよく決まってましたね。

(大野)そうですね、まっすぐあってのツーシームなんですけどしっかりとバッターにまっすぐを意識させることができた分、ゴロ打たせることや空振りを取れることができたと思います。

そこの部分では特に2番の丸選手もそうでしたけど、同い年の坂本選手、それから意識すると公言していた岡本選手、完璧に封じましたね。その辺りいかがでした?

(大野)いい当たりもね、多かったんですけど、野手の方が本当によく守ってくれて、今日は最後まで投げることができたと思います。

どの辺りから今日は完投を意識してきましたか?

(大野)やっぱり4点、2回裏に4点取った時ぐらいから、長いイニングは投げたいと思ってました。

その最初の一点を取ったのは大野投手でした。あのバッティングについても伺いましょう。

(大野)いつもチャンスで回ってきても、全く雰囲気ないんですけど、ピッチャーが打ったら上位に回りますし、点が入るっていうのは僕自身もわかってることなので、なんとか必死に食らいついた結果、タイムリーという結果になって良かったです。

今シーズンの初安打でしたが、打感という分では手に残った感触はどうだったんでしょう?

(大野)スライダー狙ってたんですけど、気づいたらまっすぐ行ってました、はい。

反応できたってことですね。

(大野)そこまでの技術はないんですけど、良かったです。

そうですね。そしてその後ですね、一番に入った京田選手、大島選手よく繋いでくれました。あの時のお気持ちはどうでしょうか?

(大野)やっぱり複数点取ってくれるとすごく楽ですし、ホームラン今日も一本打たれてしまいましたけど、あれぐらいやったらオッケーと思って正直投げてましたし、スイスイに投げることができました。

最初の4点で完投を意識したということですが、その後苦しい時はあったんでしょうか?どの辺りが苦しかったでしょうか?

(大野)やっぱりランナー出るといつも苦しいですし、なんとかホームに返さないようにと思って投げてますけど、いいところでダブルプレーが取れたりとか、いい形で外野フライが打ち取れたりとか、できたので良かったなと思います。

開幕行きながらなかなか勝てない状況が続きましたけど、ここで連続完投で2勝、この辺りは手応えがやはりあるんじゃないでしょうか?

(大野)スタートダッシュ遅れてるんで僕自身の、どんどん巻き返せるようにやって行こうと思ってますし、この2完投の次ね、大事になってると思いますし、これからもこういう投球を続けられるように頑張ります。

9連戦のど真ん中、そして首位ジャイアンツを相手にしての初戦、この8月はジャイアンツ戦のカード非常に良くなってます。そこの部分での意識はいかがでしたか?

(大野)週末投げてたら、ジャイアンツに3回投げないといけないんですけど、やっぱりジャイアンツに勝たないといけないと思いますし、あと2回しっかりと結果残せるように頑張ります。

そして今夜、9回のマウンドに上がる時に自然発生的にナゴヤドームから拍手が湧いてきました。マウンドに上がる時聞こえました?

(大野)はい、聞こえてました。前回の時も9回上がる時とか打席に立った時とかもすごい拍手してくれてましたし、声援ていうか拍手が力になるのは間違いないですし、また後押しして欲しいですね、僕の背中を。

まずそれではそのナゴヤドームにお越しになれない方も含めてですね、応援してくださった今日ナゴヤドームにお越しの皆さんに一言お願いします。

(大野)なかなか何連勝とはね、いってないチーム状況ですけど、選手みんな本当に1試合1試合、一つ取るのに必死にやってますので、まだまだ試合あるんで、皆さんも諦めずにこれからも応援の方宜しく願います。

そして大野さん監督にも伺いましたが、来たくても来られない、帰省したくてもこの名古屋に戻って来られない、いつもの夏とは違う形でメディアで、メディアを通じてドラゴンズ応援して下さってる、そういうファンもたくさんいらっしゃいます。その全国のみなさんにも一言お願いします。

(大野)テレビとかで見てくださってる、応援してくださってるみなさん、いつも応援ありがとうございます。今年はなかなか球場に来れないかもしれないんですが、テレビの向こうで応援してくれてるとかラジオで応援してくれてるとか本当にありがたいです。その声援を力に変えて頑張ります。これからもよろしくお願いします。

見事なエースのピッチング、そしてバッティング、投打に活躍、大野雄大投手でした。今一度大きな拍手をお願いします。放送席、どうぞ。

 

 

【試合結果:  ヤクルト 8-2 DeNA

吉田大喜「自分が活躍して、(父が作るグローブの)宣伝になればいいかなと思う」

放送席、そして神宮球場にお集まりのスワローズファンの皆さん、お待たせいたしました。ヒーローインタビューです。連勝しましたスワローズ、今日のヒーローもちろんこの人、プロ初勝利を挙げました、ルーキー吉田大喜選手です。

(吉田)ありがとうございます。

プロ初勝利を挙げました。今の率直なお気持ちいかがでしょうか?

(吉田)なかなか勝てなかったので、やっと勝ててすごい嬉しいです。

勝利投手の権利を持ってマウンドを降りて、その後勝てなかったという試合もありましたけれども、その辺り集中力切らさなかった要因というのはどこにあるんでしょうか?

(吉田)前回も前々回も2回とも5回で降りて、勝利を逃してるので次は少しでも長いイニングを投げて勝ちに近づきたいなっていう中でしっかり初勝利ができてよかったです。

吉田さん、勝利投手の記念のボールってのはもらいましたか?

(吉田)頂きました。

どうするか決めてますか?

(吉田)いや、まだ決めてないです。

大体ご両親に送ったりだと思うんですけれども。

(吉田)そうですね、送ります。

ご両親という話になりますと、グローブはお父さんが作ったグローブということですけれども、そのあたり良い親孝行になったんじゃないですか?

(吉田)そうですね、自分が活躍して、宣伝になればいいかなと思うので、良かったです。

そして今日は女房役の古賀選手、誕生日でしたけれども、古賀選手のリードっていうのはマウンド上からどのように感じてましたか?

(吉田)素晴らしいリードで導いてくれました。

その古賀選手、ボートの後ろにいらっしゃると思いますけれども、一言じゃあいただこうと思いますが、お誕生日おめでとうございます。

(古賀)ありがとうございます。

誕生日にいい勝ち方だったんじゃないですか?

(古賀)そうですね、自分が要求したところに吉田さんが投げてくれたんで吉田さんのおかげです。

それでは古賀さん、まずは先に今日集まってくれたスワローズの皆さんにメッセージをお願いいたします。

(古賀)応援ありがとうございます。また明日からも頑張りますので応援よろしくお願いします。オレ誕生日やで。

それでは、吉田選手、最後にファンの方に、もう皆さんもちろん知ってると思いますけれども、自己紹介を兼ねてお名前をおっしゃった後に、今年の抱負であったりをお願いいたします。

(吉田)今年入団しました吉田大喜です。次から今日よりもっといいピッチングができるように頑張っていきます。応援よろしくお願いします。

今日のヒーロー、吉田大喜投手でした。そして、ついでに古賀選手でした。

 

【試合結果:  広島 11-6 阪神

羽月「もう頭が真っ白であんまり分かんなかったですけど、嬉しいです。」

松山「最近ちょっとチャンスで打ててなかったんで、なんとかランナーを返せるように、強い気持ちを持って打席に入りました。

さぁまずは羽月選手から伺いましょう。この数十時間に様々なことがあったと思います。今の試合を終えて率直なお気持ち教えてください。

(羽月)ずっと試合前から試合もそして今も、ちょっとまだ自分がマツダスタジアム 試合して、この場に立ってるってことが、考えられなくて、とても・・・(スタンドから拍手)ありがとうございます。

今のお言葉に全てが詰まっていると思いますが、まずは今日初めてスタメンが告げられた時、どのようなお気持ちでしたでしょうか?

(羽月)出るからには絶対チームの勝利に貢献しようと思ってました。

そして、いきなり初回から打球が飛んでいきました。いかがでしたか?

(羽月)すごく緊張しましたが、しっかりと取りました。

さらには初物尽くし。セーフティバントで打点、さらには安打が付きました。決まった瞬間いかがでしたか?

(羽月)自分の役割、走ることなので、しっかり全うできたかなと思います。

さらには今日はたくさんチャンスで回って来ました。スリーベースヒット、3塁ベース到達した瞬間、いかがでしたか?

(羽月)もう頭が真っ白であんまり分かんなかったですけど、嬉しいです。

今日はマツダスタジアムで声援を受けての大活躍でした。自己紹介も兼ねて今後どのような選手に成長していきたいか、そして今1軍の舞台でどんな活躍をしていきたいか、最後にファンの皆様にお願いします。

(羽月)2年目の羽月隆太郎です。ここで1試合でも多くチームの勝利に貢献できるように頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

ありがとうございました。さぁ続いては実績十分です。今シーズン初めての4番で猛打賞、松山竜平選手です。まずはナイスバッティングでした。

(松山)ありがとうございます。

今日のゲームでは、ルーキーの森下投手がマツダスタジアムで初めての勝利をかけての登板でした。先制点が欲しい中、初回から飛び出しましたね。

(松山)そうですね、最近ちょっとチャンスで打ててなかったんで、なんとかランナーを返せるように、強い気持ちを持って打席に入りました。

さらには試合前半、追加点が欲しい場面で飛び出した1発、感触はいかがでしたか?

(松山)正直、結構詰まってたので、抜けてくれと思ってたんすけど、入ってくれたんでホントに良かったです。

今日は実績がある選手、そして若い選手の力が噛み合った、まさに一丸となったゲームでした。今日のゲーム振り返っていかがだったでしょうか?

(松山)そうですね、ホントにこの横にいる羽月も初めてとは思えないくらい度胸が座ってて、ああいう場面でしっかりとセーフティバントでランナーを進めるとかランナーを返すことができるってのはすごいことだと思いますし、これからどんどん若手が育っていくっていうのはチームとしてはすごくプラスになると思うんで、どんどん出てきて欲しいです。

さあそして、マツダスタジアムはこうした声援があります。今日はピースナイターとして行われた1戦でした。広島にとっては特別な1戦、今広島の地で思いっきり野球ができていることに松山選手自身、どのように感じていますか?

(松山)そうっすね。本当にプロ野球の世界で、皆さんの前でこう言う風に野球をやれてるって言うことはすごく幸せなことだと思うんで、それを噛み締めながら、明日からもまた頑張っていきたいです。

では今日のゲーム、素晴らしい勝利となりました。松山選手、ファンのみなさんに今後の戦いに向けて最後に一言お願いします。

(松山)まだチームはちょっと下の方にいますけど、どんどん勢いが付いてくと思ってますので、みなさんも変わらず熱い声援をお願いします。明日も頑張ります。

では羽月選手にも最後一言お願いします。

(羽月)えっと、明日も頑張りますので応援よろしくお願いします。

ありがとうございました。今日のヒーロー、羽月隆太郎選手そして松山竜平選手でした。