ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2020年7月25日(土)のヒーローインタビュー

【本日のヒーロー】

中日:井領、 DeNA:今永、乙坂、ヤクルト:川端

日本ハム:中田、ロッテ:種市、オリックス:宗

 

【試合結果:中日 1-0 阪神

7回決勝のタイムリー内野安打、井領選手のヒーローインタビュー

放送席、放送席、そしてナゴヤドームのみなさん、お待たせを致しました。今日のヒーロー、炎のヘッドスライディング、井領雅貴選手です。おめでとうございます。

(井領)ありがとうございます。

まだ胸が泥だらけです。あのヒットの時の思い、聞かせてください。

(井領)そうですね、それまでに散々やられたんで、なんとか打てればと思って行きました。

チームとしても6回のチャンスを活かせずという流れの中でのあの7回、2アウトランナー3塁でした。改めてバッターボックスにはどういう思いで入ったんですか?

(井領)そうですね、ピッチャーの皆さんもすごく頑張ってくれていましたし、なんとかみんなで繋いでくれたチャンスだったので、どんな形でもいいんで点が入ればいいと思ってました。

特に先週、甲子園でやられてしまった西投手相手ですから、2週続けてやられるわけにいかなかったですよね。

(井領)そうですね、何とかしてやろうという気持ちがありました。

そして今、井領さんの話の中にありましたピッチャー陣が今日は頑張りました。応えることができて良かったですね。

(井領)早い回で点が取れたらもっと嬉しかったんですけど、何とか勝つことができたので良かったです。

1−0での勝利ってのは今年初めて、去年も2回しかありません。自分の決勝打で試合が決まるってのはどういう思いですか?

(井領)この場に立つのも初めてなんですごく嬉しいですし、本当に嬉しい気持ちです。

そうでしたね、大変失礼しました。初めてのお立ち台から見る景色、今日はお客様が4971人。なかなかまだいっぱいのナゴヤドームというわけにはいきませんけども、今日もたくさんの声援を受けて、そこに立つ気持ちはどうでしょうか?

(井領)本当に慣れてないのであまり周り見えないんですけど、本当に最高の景色かなと思います。

是非明日の勝ち越してタイガースに、明日もこのお立ち台に立ってください。

(井領)なんとか頑張ります。

では改めまして、今日はナゴヤドームにつめかけてくださったお客様、そしてテレビラジオ配信などを通して声援を送ってくれたドラゴンズファンの皆さんに一言メッセージお願いします。

(井領)なんとか今日勝つことができました。明日勝ってこのカードを勝ち越せるように頑張りますので、応援の方よろしくお願いします。ありがとうございました。

見事な決勝打、そして初めてのお立ち台でした。井領雅貴選手に伺いました。 

 

【試合結果:横浜 6-2 広島】

6回2失点で今シーズン3勝目、今永投手と6回今永の代打で3ランホームラン、乙坂選手のヒーローインタビュー

横浜スタジアムにお越しのベイスターズファンのみなさん、お待たせしましたヒーローインタビューです。今日は投打のヒーローのお二人、今永選手、乙坂選手です。

まずは今永選手に伺います。今日は6回117球2失点でした。振り返っていかがでしょうか?

(今永)苦しい投球ではあったんですけど、バックの守備に助けられて、戸柱さんのリード、強気のリードに助けられて、また乙坂選手のね、ホームランに救われてなんとか投げ切れました。皆さんも声援ありがとうございます。

今日は粘りのピッチングの中で、2失点に抑えられたポイント、どこだったでしょうか?

(今永)そうですね、前回登板の中で、やっぱりキャッチャーの意図したところになりきれてなかったので、自分よがりのピッチングではなくて、キャッチャーが何を要求してるのか、どういうボールを要求してるかっていうのを考えて投げられましたね。

そして今永選手は今日がプロ入り100試合目のメモリアルだったんですけども、その辺の意識はあったんでしょうか?

(今永)いや、今知ったんですけど、2000試合ぐらい目指してるんで頑張ります。

そして今永選手、横浜スタジアムにお客様を招いて、初めての勝利となりました。

(今永)先週、不甲斐ない投球で皆さんをがっかりさせてしまったと、自分の中で責任を感じたのでこうやって皆さんの前に立って感謝の言葉を述べられて、非常に嬉しいです。皆さんどうもありがとうございます。

6回裏の場面なんですけど、乙坂選手が入りましたけども、今永選手も打席に立つ準備があったと思います。ホームランで帰ってきた後に乙坂選手に何か声をかけたように思うんですけども、いかがですか?

(今永)サンキューというふうに言いました。

それではその乙坂選手に伺いたいと思います。まずは乙坂選手、ナイスバッティングでした。

(乙坂)ありがとうございます。

代打の場面でしたが、どのようなことイメージして打席に入ったんでしょうか?

(乙坂)1点差で今永も頑張ってましたし、野手の皆さんも頑張ってたんで、なんとか点に絡めるように自分のバッティングをしっかりしようと思って打席に入りました。

打った球を教えて頂けますか?

(乙坂)多分フォークだと思うんですけど、あれ、カットかな、カットかフォークです。

ご自身では変化球、直球狙っていたのはあるんですか?狙いは?

(乙坂)そうですね、狙ってました。

本当に会心の当たりだと思うけども、いかがですか?

(乙坂)そうですね、僕の周りの方がすごい親身になってサポートしてくれるんで、いい打球打てました。

乙坂選手のホームランでチームも3連勝です。

(乙坂)ベイスターズこれからどんどん上に上がっていくチームなんで、どんどん連勝を伸ばして頑張っていきたいと思います。

チームの連勝、そして乙坂選手の活躍期待しています。

(乙坂)ありがとうございます。

さぁ、浜スタではまだ大きな声での声援は自粛いただいておりますが、本当に拍手手拍子が力になっていると思います。それでは今永選手改めてファンの皆さんにメッセージ頂けますか?

(今永)横浜 DeNA ベイスターズというチームは、誰かのミスを誰かがバックアップして助け合いながら支えていってるチームになっています。そして何より僕たちのことをバックアップしてくれてるのはここにいらっしゃるファンの方だと思いますので、皆さん今日も温かい拍手ありがとうございました。

それでは乙坂選手からも熱い熱いメッセージお願いします。

(乙坂)球場に来られてるファンの方、球場の外、ご自宅から応援頂いてるファンの皆様、全員で横浜ベイスターズ戦ってると思うんで、はい、皆さんこれからも頑張っていきましょう。

本日のヒーローインタビューは、投打の2人、今永選手、乙坂選手でした。

 

【試合結果:ヤクルト 6-5 巨人】

9回代打でサヨナラタイムリー、川端選手のヒーローインタビュー

放送席、放送席、そして神宮にファンが帰ってきて初めてのヒーローインタビューです。今日のヒーローは川端選手です。おめでとうございます。

(川端)ありがとうございます。

まずは今の気持ち教えてください。

(川端)打てて本当に良かったです。

満塁の場面で、今日一番の手拍子を受けてのバッターボックスでした。どんな思いでしたか?

(川端)もう本当にめちゃくちゃ緊張しまして、正直足が震えてました。

川端選手にとっては腰の手術を乗り越えての今年ですが、その辺りはどんなふうな思いですか?

(川端)そうですね、今年春のキャンプも行けずにずっとリハビリを続けてきたんですけど、やっとここまで来れまして、またここのお立ち台に立ってるってのが本当に今不思議で仕方ないです。

このようにファンの拍手、帰ってきましたけれども、そのあたり聞いてどうですか?

(川端)本当に久しぶりに温かい声援をいただいて、本当に嬉しく思います。本当に力になります。

今シーズンこれで3度目のサヨナラとなりました。そして首位ジャイアンツとの差はこれで2.5ゲーム差になりました。チーム状態はどうでしょうか?

(川端)ベンチの雰囲気もとてもいいですし、今日のこの勢いのまま明日も勝ちたいと思います。

それでは最後に神宮球場にいるファンの皆さんに直接メッセージをお願いします。

(川端)今日も本当に温かい声援ありがとうございました。明日も絶対勝ちますので応援よろしくお願いします。

今日のヒーローは川端慎吾選手でした。おめでとうございました。

(川端)ありがとうございました。

 

【試合結果:日本ハム 9-7 ソフトバンク

7回勝ち越し3ランホームラン、中田選手のヒーローインタビュー

 

【試合結果:ロッテ 5-0 西武】

完封で今シーズン3勝目、種市投手のヒーローインタビュー

 

【試合結果:オリックス 6-3 楽天

9回勝ち越しランニングホームラン、宗選手のヒーローインタビュー