ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2020年7月15日(水)のヒーローインタビュー

【本日のヒーロー】

中日:松葉、巨人:戸郷、ヤクルト:村上

ソフトバンク:和田、日本ハム:中田、楽天:涌井、鈴木大地

【試合結果:中日 2-1 DeNA

6回途中1失点、移籍後初勝利の松葉投手のヒーローインタビュー

今日のヒーロー、松葉投手です。おめでとうございます。

(松葉)ありがとうございます。

ドラゴンズに来て初勝利、今のご気分、いかがですか?

(松葉)いや本当に苦しかったんですけど、最後まですごいヒヤヒヤしながら見てて、まあでも本当に中日の投手陣はいいんで、必ず抑えてくれると信じて見てました。はい。

立ち上がりから、非常に安定していましたね。

(松葉)そうですね、本当に自分の本来の投球が、初回からできたと思います。

自分の持ち味どういう風に分析されてますか?

(松葉)やっぱり自分は打たせて取る投手なので、守備を信頼してどんどん打たせていく投球ができたと思います。

そして6回、ランナー残した後、藤嶋投手がよく抑えてくれました。

(松葉)本当に藤嶋が頑張ってくれたと思います。ピンチで回してしまって、本当に申し訳なかったです、はい。

でもガッツポーズをして藤島投手、あの時松葉さんうれしかったんじゃないですか?

(松葉)そうですね、藤嶋必ず抑えてくれると思ったので、信じてずっと見てました、はい。

さぁ、松葉さん、次も期待かかりますよ。

(松葉)そうですね、やっぱり次もしっかりピッチングしないと意味がないので、次もしっかり、いいピッチングしたいと思います。

さあ、初勝利です。ドラゴンズでのファンの皆様にこれからの抱負お願い致します。

(松葉)そうですね、今日で名前覚えてくれた方もいるかもしれませんが、これから応援お願いします。

おめでとうございます。ドラゴンズ初勝利を挙げました。松葉投手でした。ありがとうございました 。

【試合結果:巨人 12-1 広島】

6回2安打無失点で今シーズン3勝目、戸郷投手のヒーローインタビュー

放送席、放送席、それではヒーローインタビューです。今日のヒーローは6回無失点で開幕3連勝、戸郷投手です。ピッチングでした。

(戸郷)ありがとうございます。

4回まで今日はノーヒットというところでしたけれども、振り返っていかがですか?

(戸郷)そうですね、自分的には、はい、いいピッチングができたと思うんですけど、もっともっと中継ぎのために長く投げたかったなっていうのも一つありますかね。

特にどんなところがご自身で良かったと感じていますか?

(戸郷)やっぱりストライク先行ででできたのが、一番広島の打線に対したよかったかなと思います。

戸郷投手は雨天中止の影響もあって、中14日、2週間近く空きました。この辺り難しさはありませんでしたか?

(戸郷)そうですね、まあ自分の調整的にも難しいものありましたけど、やっぱり投げてない分、なんだろうなあ、肩の疲れだったとか、そういうのが少し少なかったかなと、一ついい勉強になったんじゃないかなと思います。

そして今日は味方の大量援護もありましたね。

(戸郷)はい、そうですね。野手に助けられた試合だったんじゃないかなと思います。

そして今日の勝利で球団初の記録も生まれています。高卒二年目以内での開幕3連勝は、あの桑田さんを超える大記録ということですが、このあたりいかがでしょう?

(戸郷)そうですね、まあそういう先輩方に並ぶことが自分の目標ですし、一つでもね、近づけるようにこれからも頑張っていきたいです。

チームとしては首位を独走という形になっていますが、その辺りいかがですか?

(戸郷)そうですね、シーズンの序盤ですし、もっともっと勝てるようにチーム一丸となってやっていきたいです。

では最後に今後に向けて一言お願いします。

(戸郷)はい、次の戦いに向けてしっかりと調整して、もう1回、毎回毎回いいピッチングができるように頑張っていきたいです。

今日のヒーロー、開幕3連勝、戸郷投手でした、ありがとうございました。

(戸郷)はい、ありがとうございました。

【試合結果:ヤクルト 9-5 阪神

7回の勝ち越しタイムリーなど3打点、村上選手のヒーローインタビュー

放送席、放送席、今日のヒーロー、村上選手です。まずは見事な決勝打おめでとうございます。

(村上)ありがとうございます。

その7回のシーンから振り返っていきたいんですけれども、まずピッチャーが能見投手に代わって、どういう思いで打席に立たれたんですか?

(村上)そうですね、来るだろうなという風には思ってたんですけど、なんとか打ちたいな、という思いで打席に立ちました。

ピッチャー能見投手に代わってくるという、気持ちの準備はできていた。で、ちょっと細かく聞きたいんですけれども、ストレートでまずぐいぐいと押して来られました。で、一つ変化球がありました。そこはちょっと村上さんらしからぬスイングに見えたんですが。

(村上)そうですね、初球ストレートで2球目はフォークなんですけど、まっすぐフォークまっすぐで、フォークで順番に来られたんですけど。

そしてその次のボールだったんですが、どんな思いでどういうバッティングができたんでしょう?

(村上)2ストライクだったんで、なんとか前に打球を飛ばして点を取れればなという風に思って、はい、振りました。

自分の中では会心の結果だったと思うんですが、内容も含めてどうですか?

(村上)そうですね、ちょっと詰まったんすけど、その分いいとこに落ちてくれたかなと思います。

結果それが決勝打となって試合を決めたんですが、振り返ると今日も昨日も先制タイムリーで試合を動かして、打点も順調に積み上がっています。これに関してはご自身どうでしょう?

(村上)そうですね、本当に僕の前のバッターの先輩方が出塁してくれるんで、常にチャンスで回ってきますし、本当に前の先輩方に感謝したいなと思います。

去年の村上さんと比べてですね、打率もかなり高くここまで来てまして、去年と今年の自分の違いと言いますか、成長点をちょっと自己分析して言うとしたらどうでしょう?

(村上)去年1年間143試合経験させて頂いて、その経験が一番大きいかなという風に思います。

4番が打ってチームも今、上へ上へというところなんですけれども、明日以降に向けて最後にお願いします。

(村上)そうですね、明日も勝てるように頑張ります。

今日のヒーロー、村上選手でした。 

 

【試合結果:ソフトバンク 7-0 オリックス

6回1安打無失点で今シーズン2勝目、和田投手のヒーローインタビュー

 

【試合結果:日本ハム 6-4 ロッテ】

8回の勝ち越し犠牲フライなど3打点、中田選手のヒーローインタビュー

 

【試合結果:楽天 11-0 西武】

7回1安打無失点、涌井投手と4回の先制タイムリーなど3打点、鈴木大地選手のヒーローインタビュー