ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2020年7月4日(土)のヒーローインタビュー

【本日のヒーロー】

巨人:丸、ヤクルト:青木、阪神:岩貞

オリックス:吉田、ソフトバンク:和田

【試合結果:巨人 7-3 中日】

ホームラン2本、6打点の活躍、丸選手のヒーローインタビュー

放送席、放送席、今日見事6打点の活躍、丸選手にお話しを伺います。ナイスバッティングでした。

(丸)ありがとうございます。

6打点の中には2本のホームランもありました。まず1本目、初回まずいい流れ作りましたね。

(丸)はい、初回からいい形でチャンス回ってきたんで、ランナー返せて良かったです。

体勢がその時は不十分にも見えたんですけれども、ご自身の感触というのはいかがでしたか?

(丸)僕として打った瞬間、どうかなって言う思いだったんですけど、何とか越えてくれて良かったです。

そして2本目はものすごい弾道で飛んでいきました。この辺りの手ごたえ、聞かせてください。

(丸)相手ピッチャーの力強いストレートに振り負けることなく、強いスイングで打つことができたので、良かったと思います。

そのあとはツーベースも打って、3安打猛打賞6打点、その状態というのはご自身でどのように分析されますか?

(丸)状態的には自分でもあまりわからないですけど、シーズン序盤から足を引っ張ってきた部分も、しっかりと明日からの試合で取り返せるように、一日一日頑張っていきたいと思います。

今日は打撃陣が点を取りました。その中で6打点、非常に大きな貢献になったと思いますが、いかがでしょう?

(丸)はい、野手としては1点でも多く点を取って、ピッチャー陣を楽な状況で投げさせてあげようって常々チームで言ってるので、今日はそういった意味では、非常によかったと思います。

今日は丸ポーズも飛び出しましたけれども、ジャイアンツファンは、次の丸ポーズというのも早く出してほしいと楽しみにしてると思います。最後にひとことお願いします。

(丸)はい、そうですね、また明日から丸ポーズがたくさん出せるように頑張りたいと思います。ありがとございました。

ありがとうございました。ナイスバッティングでした。

【試合結果:ヤクルト 10-8 DeNA

2ランホームランを含む3打点の活躍、青木選手のヒーローインタビュー

全国のスワローズファンの皆さんお待たせ致しました。今日は本当に全員で勝ち取った勝利といえると思います。チームリーダーの青木宣親選手にお越し頂きました。おめでとうございます。

(青木)はい、ありがとうございます。

まさに最後はほんとにしびれる展開と言う形になりましたけど、どんな気持ちでベンチから見守っていたんでしょうか?

(青木)いやもう、とにかく、こういう乱打戦になりましたけど、最後1点でも多く取ってね、最後抑えてくれましたし、とにかく勝ちたかったんで、はい、よかったです。昨日負けてましたし。

そしてご自身ですけれども、3回に勝ち越しのツーランホームランがありました。打った瞬間というのはどんな感触だったんでしょうか?

(青木)今日は風が結構強かったんで行ってくれるのかなとは思いましたけど、そういうも借りて入ってくれましたね。

そして6回にはヒット、そして7回には打点がありました。チーム一丸で1点でも多くと言うそんな気持ちが感じられましたが、その辺りはいかがでしょうか?

(青木)そうですね、ベンチでもやっぱり1点1点ていう、そういう声も聞こえますし、ほんとにあのあそこ1点欲しかったんで。哲人はたぶん走るだろうなって思ってはいたんですけど、実際走ってくれたんで、まぁああいうふうにね、ダブルプレーにならずに、打点あげることができましたしね、良かったです。あそこの1点は大きかったかもしれないですね。

その辺の阿吽の呼吸というのは、やっぱりコミュニケーションをしっかりととっているからというところでしょうか?

(青木)今年、哲人とプレーするのも3年目なので多分走るんじゃないかなっていうのは、走れるんじゃないかなっていうのは思ってたんでね、ちょっと見ながらの打席だったんですけど、はい、よかったです。見といて。

さぁそして、今日は小川投手に何とかその勝ち星をと言うような気持ちも強かったと思いますが、その辺はいかがでしょうか?

(青木)そうですね、粘って投げてはいたんですけど、まぁ彼なりのあのいいピッチングは出来てたと思いますけどね。でも援護できてホントよかったです。

あの日曜日に大敗がありましてその後、高津監督からこの日を忘れちゃいけないと言うようなそんなコメントがありましたけど、そこからヤクルトらしい試合が続いていると思います。チームの雰囲気というのはいかがでしょうか?

(青木)そうですね、あれ以来、監督の一言でね、ああいう試合をしたくないっていう気持ちが選手の中で芽生えてるんで、そういう、なんて言うんですかね、まぁ1点でも多くというか、そういう気持ちでいつもプレーしてますね。あのああいう大敗しないようにね、先手先手で、はい、行くようにっていうのは、選手みんな思ってると思います。

そして明日勝てば、二位浮上と言う形になります。カメラの向こう側にファンがいます。一言お願いします。

(青木)そうですね、とりあえず明日勝ち越して、勝って勝ち越して、この神宮での試合をとりあえず一区切りつけたいと思いますけど、最後まで諦めずにこれからもやっていきたいと思います。

ありがとうございました。チームリーダー、そしてホームラン打ちました、青木宣親選手でした。

 

【試合結果:阪神 9-3 広島】

6回3失点で今シーズン初勝利、岩貞投手のヒーローインタビュー

おめでとうございます。

(岩貞)ありがとうございます。

6回3失点、序盤から本当に気迫溢れるピッチングだったと思うんですが、ご自身で今日のピッチング振り返ってください。

(岩貞)野手が打ってくれて楽な展開だったんですけど、6回までしか投げれなかったと言うのは大いに反省しなければいけないなと思います。

今日の登板と言うのはチームが連敗中の中の厳しい状況だったと思うんですけれども、岩貞投手は今日どんな思いでまずマウンドに上がったんでしょうか?

(岩貞)まぁ先制してくれたので、思い切って腕を振っていくっていうことだけをとりあえず考えて投げました。

チームの連敗を4で止めました。今のお気持ちはどうですか?

(岩貞)自分が、っていうよりは、やっぱり打線がものすごい打ってくれたのでほんとに楽な展開で良かったと思います。

そして岩貞投手は、今日、ご自身の出身の熊本をはじめ九州の南部では大雨があって、本当に大きな被害が出ていると思うんですけれども、どんな思いでまずそのニュースに触れていたんでしょうか?

(岩貞)昨日からものすごい雨で球磨川が氾濫すると言うニュースを見て、やはり心配ってのは第一ですし、これ以上被害が大きくならないことをもう祈るしかないと言う風な気持ちです。

では最後にこの勝利、きっとチームの浮上につながるとファンも期待してると思います。ファンに向けてメッセージをお願いします。

(岩貞)今日の一勝を明日以降にしっかりつなげて、チームが浮上していけるこのきっかけになる一勝だと思いますので、またこれからもテレビ越しでありますけども、ご声援よろしくお願いします。

今日のヒーローは、今シーズンの初勝利をあげました、岩貞投手でした。おめでとうございます。

(岩貞)ありがとうございました。

 

【試合結果:オリックス 4-3 西武】

8回逆転2ランホームラン、吉田選手のヒーローインタビュー

 

 

【試合結果:ソフトバンク 8-3 日本ハム

8回途中まで投げて今シーズン初勝利、和田投手のヒーローインタビュー

 

【試合結果:楽天 3-1 ロッテ】(7回降雨コールド)

ヒーローインタビューなし